スポンサーリンク

面接質問「今までで最も嬉しかったことは何ですか?」の回答のポイント/回答例

面接
つらかった経験や挫折経験を聞く場合もありますが、逆に嬉しかった経験を聞くパターンもあります。

嬉しかった経験を聞くことで面接官は、その学生がどんなことに喜びを感じるのか、モチベーションの動機となるものは何か、といった価値観の部分を確認します。

スポンサーリンク

回答のポイント

ポイントは以下の3つです。

  • 嬉しいと感じた理由も答える
  • GIVEの経験を話す
  • 周りへの感謝の意識も持っていることをアピールする

この3つを意識して回答できれば、悪い評価を受けることはないでしょう。

GIVEの経験を話す

嬉しかった経験は2つのパターンに分かれます。

「人から何をしてもらった嬉しかった経験」と「自分が人に何かを与えて嬉しかった経験」です。

どちらが良いかといえば、当然、「自分が人に何かを与えて嬉しかった経験」です。

やはり、受け身よりも能動的な側面が見える人物を企業は好むのです。それに企業は、自社に利益をもたらしてくれる人を求めています。そういった意味でもやはり、人に何かを与え嬉しかった経験を話すべきです。

周りへの感謝の意識も持っていることをアピールする

「自分だけの力で達成し、それが嬉しかった」といったように傲慢さが見えてしまうと印象が良くありません。

企業は謙虚な人が好きです。1人の力で成し遂げられるものはない、周りの協力が大切、といった意識を持っている人が好きです。

話すエピソードによっては、「周りの協力もあり」「自分だけでは成し遂げられなかった」など、周りに配慮したフレーズも加えておくようにしましょう。

例えば、サークルや部活など集団で何かを成し遂げた経験を語る場合は、周りの協力について簡単に言及しておく方が無難です。

回答例

ホテルのアルバイトで、お客様らか感謝の言葉をいただいたことです。

観光スポットまでの安くて速い行き方や、地元の人しか知らない安くておいしい飲食店などを、お客様の好みに合わせて紹介したところ、後日メールで、「今まで受けたなかで最も丁寧で親切な接客でした」と感謝のメールをいただきました。

これまで当たり前のようにやっていたことなのですが、感謝のメールをいただいたのは初めてだったので、とても嬉しさを感じました。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました