スポンサーリンク

就職活動にかかる費用は? 具体的な出費内容・金額まとめ

就活お金
スーツや靴、カバンなどの服。説明会、セミナー、面接に参加するための交通費などなにかと出費がある就活。

いったいどれぐらいのお金がかかるのか? しりたいものですよね。

ここでは就活にかかる費用を具体的に解説します。

できれば早いうちに準備しておき、余計な心配しなくて済むようにしましょう。

スポンサーリンク

就職活動にかかる費用はどれくらい?

就活にかかる費用にすいては、人によって大きく異なります。

というのも就活が長引けばその分、交通費や電話代、履歴書、写真などの費用が積み重なっていくからです。

10万という人もいれば、30万という人もいます。

以下に、就活でかかる費用と項目を一覧で掲載します。

スーツ:2万円~
値段はピンキリ。全員、同じ色、同じ形のスーツなので、高いものを買う必要はない。

・靴:1万円~
値段はピンキリ。スーツ販売店で就活の用のものを出してもらうものであれば、1万円程度のもので問題ない。

・カバン:5000円~
革製である必要はない。履歴書やエントリーシートを持ち歩けるサイズのもの、自立するタイプのものを用意する。

・履歴書:300円~
学校指定のものや市販のものを用意する。

・履歴書用の写真:1000円~
スタジオで撮るべきとされているが、バカにできない額になる。スピード写真で済ませたとしてもかなり枚数が必要になる。

・交通費
どれぐらい面接に行くか、説明会に参加するかによって交通費は異なる。往復1000円かかることもざらで、就活が長期化するとバカにならない出費になる。

・書籍購入代:1000円~
ネットでもある程度情報を得ることができるが、書籍の情報が充実している場合もある。また筆記試験対策は書籍ではないとできない場合がある。

その他、地方から東京の企業に応募する場合はホテル代や新幹線、特急料金も必要になります。

さらに細かい出費をあげるのであれば、就活に適した髪型・髪色にするための費用、会場に早くついた時、時間をつぶすためのカフェ代などもかかります。

リクルートスーツは安いもので十分

面接や説明会に行けば、性別、年齢関係なく黒一色です。高いスーツを着ても、安いスーツとの違いは分かりませんし、高いスーツをアピールする機会もありません。

そのためリクルートスーツは安いもので十分です。社会人になってお金に余裕がでてきたら、こだわりのスーツを買えばいいのです。

特に女性の場合、リクルートスーツは就活の時にしか着ない可能性があります。また男性でも、リクルートスーツを一生着続けることもないでしょう。

最近では、西友でリクルートスーツが売られています。ジャケット、パンツ合わせて7000円程度という破格の安さで購入でき、シャツ、靴下、バッグ、ネクタイなどを合わせても2万円程度で一式揃えられます。

西友のスーツ

その他、最近では、ユニクロでもリクルートスーツとして利用できるほどしっかりしたスーツを売れています。青木、青山などのメジャーなお店よりも各段に安く買える場合もあるので、考慮してみる価値はあります。

写真はスタジオが無難

履歴書用の写真はスタジオで撮るべきという意見が一般的です。やはりスタジオで撮影した方が、表情が良かったり、キレイに見えたりとする場合があるので、スタジオで撮影するのが無難でしょう。

しかし撮影スタジオもピンキリで、安いスタジオだとアルバイトのスタッフがデジカメを持って撮影していることもあり、スピード写真と変わらないクオリティの場合があります。

スタジオで撮るなら、就活生に人気のお店や、ある程度の値段が高いところを選ぶようにしましょう。

ただし、やむを得ない場合はスピード写真でもいいでしょう。スピード写真だからといって内定をもらえないわけではありません。

時々、スピード写真で撮ったものをコンビニでコピーして使い回す人もいますが、そういった人も普通に内定をもらっています。一概にスピード写真は絶対にダメ、ということはありません。

借りられるものは借りる

就活はお金をかければかけただけ成功率が上がるというものではありません。高いスーツを着て面接にいったからといって、有利になることは一切ありません。

例えば、パソコンや新聞、雑誌、本などは、大学で借りることができます。わざわざ就活に合わせて購入する必要はありません。

またスーツやカバンなども先輩や友人から借りて、揃えることもできます。とりあえず内定がでるまで乗り越えればいいので、すべてを購入する必要はないのです。借りられるものは借りましょう。

就活に向けてお金をためておく

なんだかんだ就活にはお金がかかります。またアルバイトもできなくなります。就活を控えている方は、事前にお金をためておくのがベストです。

それでもサークル、飲み会など、学生生活自体、お金がかかります。一銭もためる余裕がない人もいると思います。

その場合は、親を頼ることをおすすめします。

極力親を頼る

親に頼れるなら、就活の資金を援助してもらえないか、お金を貸してもらえないか、頼んでみましょう。

学生ローンやキャッシングなどを利用すると、バカにならない額の利息が付つくため、社会人にまっても借金返済がついて回る可能性があります。利息や手数料は支払うのは無駄でしかありません。

親から借りれば、利息はゼロです。運が良ければ返済不要で資金を援助してもらえる可能性があります。

親がダメなら祖母、祖父、親戚を頼りましょう。学生ローンやキャッシングの無駄な利息を払うよりましです。

登録制の単発アルバイトで生活をつなぐ

就活中は、急に面接の予定が入ったり、興味のある企業の説明会に空きが出たりする場合があります。

シフト制の一般的なアルバイトでは、そういった急な予定に対応できません。

しかし登録制の単発のアルバイトであれば、自分の好きな時にシフト入れることができます。

深夜や休日に働けたり、前日にシフトを入れたりもできるので、就活の急な予定にも柔軟に対応できます。

単発アルバイトが充実しているマイナビアルバイト

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

情報収集のやり方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました