スポンサーリンク

就活は何から始めればいいの? 就職活動の流れ全解説

就職活動の流れ、スケジュール

新卒の就職活動の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 就活サイトに登録
  2. 自己分析・業界研究・筆記試験準備・OBOG訪問・インターン(同時進行で始める)
  3. 説明会に参加、エントリー、資料請求
  4. 選考
  5. 内定
スポンサーリンク

まずは就活サイトの登録する

まずは就活サービスサイトに登録して、情報収集を行うようにしましょう。

企業にエントリーはできなくても企業情報やインターンの情報、就活の進め方を学ぶことができます。

また就活生の口コミサイトもおすすめです。

去年の学生がどんな就活を経験したのかが学べます。

就活スタート!まずは登録しておきたい就活サイト5選
「就活を始めるならまずはこれに登録しておくべき!」 そんな就活サイトを厳選して5つ紹介します。 王道のリクナビ、マイナビ以外にも企業研究に役立つサイト、就活を有利に進められるサイトも紹介しているので、一度はチェックしておくこ...

就職活動の流れ

1:就活サイトに登録

リクナビ、マイナビなどの大手就活サイトはいつでも登録できる状態になっています。2019年卒、2018年卒など対象が異なるので、間違えないように登録するようにしましょう。

また登録して放置するのではなく、定期的にチェックし、企業の情報や就活ノウハウをチェックしておくようにしましょう。

リクルートスーツの用意は早めに

具体的には、スーツ、靴、鞄(かばん)、ネクタイ、ハンカチ、Yシャツなどです。

リクルートスーツは早めに用意しておくに越したことはありません。インターンやセミナーなどを早めに行う企業もあります。また企業見学、OBOG訪問のときにスーツが必要になることもあります。

入学式で利用したスーツをそのまま使えるなら問題ないでしょう。

使えない場合は、高いものを買う必要はないので、リクルートスーツとして売り出されているスーツを購入しておくようにしましょう。

2:自己分析・業界研究・筆記試験準備・OBOG訪問・インターン

  • 自己分析
  • 業界研究・企業研究
  • 筆記試験対策
  • OB・OG訪問
  • インターン

これらはエントリー・説明会が始まる3か月前に同時進行で始めましょう。

2019年入社の場合、大学3年の3月からエントリー開始となるので、遅くても3年の12月には始めるのがベターです。

説明会に参加する企業やエントリーする企業で悩まないように、自己分析と業界・企業研究はしっかり済ませておくようにしましょう。のんびりした学生よりも一歩リードできます。

入社したい企業のインターンが実施されている場合は積極的に参加する

就職活動が後ろ倒しになるにつれて、インターンで候補者を絞る企業も増えています。

インターンに参加したからといって選考で有利になるとは限りません。しかし、インターンの参加状況やインターンでの評価を選考で考慮する企業もあります。

入社したい企業のがインターンを実施しているのであれば、積極的に参加することをおすすめします。

3:エントリー・企業説明会

リクナビ、マイナビなどの就活サイトで、企業のエントリーや説明会が開始します。

2019年卒業・入社の場合、3月がこの時期に当たります。

就活が本格的にスタートする時期であり、周りの学生が一斉に就活モードになります。

焦らないように、この時期よりも前に業界・企業研究、自己分析を済ませておき、エントリーや説明会参加をスムーズに、進められるようにしましょう。

リクナビ、マイナビなどの就活サイトは、いつでも登録できる状態になっているので、事前に登録しておき定期的にチェックしておくのがおすすめです。

4:選考

具体的は、ESの提出、筆記試験、面接です。

流れとしては、ESに合格→筆記試験→面接、といったようになります。

2019年入社の場合、4月からESの提出、6月から面接・筆記試験がスタートします。

この時期になると、人気のある大企業、有名企業は説明会を終わらせしまう場合があります。つまり大企業、有名企業を狙う方は、この時期までに応募する企業を絞っておく必要があるのです。

5:内定

内定の通知をもらう、内定を承諾する、内定を辞退する、などの作業が発生します。

また内定をもらったからといって安心してはいけません。急遽内定を取り消されることがあったり、大学を卒業できなかったりといった最悪な事態もあるかもしれませんので、入社するまで気を抜かず、残りの大学生活を送るようにしましょう。

就活は早めに始める

エントリーや説明会の募集が始まっていなくても、企業研究や業界研究、自己分析などは自分で始めることができます。

早めに始めておけば、どの企業の説明会に参加するべきか、どの企業にエントリーするべきかなどが明確になり、効率的に就活を進められます。

のんびりしている人が周りに多いと、就活を始めるのが遅くなりがちですが、自分の人生なので周りに合わせても何も得はありません。

就活サイトへの登録、自己分析、業界・企業分析などの準備は早めに始めるようにしましょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

情報収集のやり方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました