スポンサーリンク

「社会貢献したい」「人の役に立ちたい」という志望動機がNGな理由


「社会貢献がしたい、御社で仕事をすれば存分に社会貢献できる。だから志望した」
「人を幸せにしたい」
「社会の役に立ちたい」

一見立派で、何の問題もないように思えるこれらの志望動機。

しかし、面接官はうんざりしています。

その理由と解決策について解説します。

スポンサーリンク

企業が求めているのは仕事ができる人

「人を幸せにしたい」「社会の役に立ちたい」

こんな志望動機を語る学生に面接官が思うことは

「そんなに社会の役に立ちたいならボランティアでもやれ!」です。

企業が求めているのは、仕事がしっかりできる人です。

しかし、「人を幸せにしたい」「社会の役に立ちたい」という思いがあることは仕事ができることの証明にはなりません。

だから、「社会貢献したい」などと立派なことを面接で語っても、まったく評価されないのです。

社会貢献していない企業は存在しない

そもそも世の中に存在する企業のほとんどは社会・人の役に立っています。(反社会的な企業は除く)

社会・人の役に立つような商品、サービスがあるからこそ、お金を払う人がいて、企業を存続されることができるのです。

逆に、役に立たたない商品、サービスを出している企業は、そこにお金を払う人がいないので、つぶれていきます。

だから現在、存続しているほとんどの企業は、社会・人の役に立っているのです。

個人向けビジネスであっても、法人向けビジネスであっても、企業、人、社会の役に立っているから、利益を上げることができ、存続することができるのです。

世の中に存在する企業のほとんどは社会・人の役に立っている、この話が少し考えればわかることです。

それにもかかわらず、面接で「社会の役に立つ仕事がしたい」と語ってしまうのは問題です。

面接官に「考えが浅い」「学生気分が抜けていない」などと判断されるでしょう。

「御社が好きだ!」などの情熱も評価されない

「御社が好きだ、御社の商品・サービスが好きだ」など、企業や商品・サービスに対する情熱を語るのも同様に評価されません。

特に人気企業であれば、「御社が好きだ、御社の商品・サービスが好きだ」などという言葉は耳にたこができるほど聞いています。

企業が求めているのは、仕事ができる人、社内の仲間とうまくやっていける人です。

企業への愛、商品・サービスへの愛は、決して仕事ができること、社内でうまくやっていけることの証明にはなりません。

しかし伝え方によっては、企業への愛、商品・サービスへの愛も評価してもらえる可能性があります。

よく考えると、「好き」「入りたい」というのは、応募している学生側の都合です。

それだけで相手が納得してくれるはずなどがないでしょう。

そうして熱意を長々と語るよりも、なぜ好きになったのか、いつから好きなのか、企業をみているポイントが他の学生がとどう違うのかなど、あなたの視点や考え方、こだわりが伝わるように、好きな理由をしっかり伝えるほうがまだいいでしょう。

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?: 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる

単に熱意を語るのではなく、ほかの学生が語れないような自分だけのエピソードを語るのです。

そうすれば、他の学生よりも印象に強く残り、内定をもらえる可能性があります。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

就活論
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました