スポンサーリンク

社会人基礎力とは何か?社会人基礎力がないと内定は出ないのか?

就活をする女性

「企業が求めているのは社会人基礎力のある人」
「社会人基礎力があるかどうかが就活では見られている」

などと言われることがありますが、「社会人基礎力」とはいったいどんな能力のことなのか、分かりませんよね。

そこでここでは社会人基礎力について具体的に解説します。

スポンサーリンク

社会人基礎力とは?

社会人基礎力とは、具体的には以下の3つの能力を指します。

  • 前に踏み出す力
  • 考え抜く力
  • チームで働く力

社会人基礎力とは、上記で説明したすべての能力のことです。

2006年から経済産業省が「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として提唱しています。

前に踏み出す力

前に踏み出す力とは、具体的には「主体性」「働きかける力」「実行力」のことです。

  • 主体性:物事に進んで取り組む力、姿勢のことです。自ら目標を設定し、達成するために自ら考え、行動し、分析する能力のことです。
  • 働きかける力:他人に何かを頼んだり、勧誘したり、交渉、協力、提携を持ち掛ける能力のことです。
  • 実行力:設定した目標を着実に行うことです。

「前に踏み出す力」とは上記3つすべて兼ね備えた能力のことです。

考え抜く力

考え抜く力とは、物事に対して疑問を持ち、考え抜く力のことです。社会、企業が変革する環境に適応し成長するためには、多くの問題は解決しなければいけません。

考え抜く力とは、徹底的に考え抜き、複雑に絡み合った物事を解決していく力として、求めている能力です。

具体的には「課題発見力」「計画力」「創造力」の3つのことです。

  • 課題発見力:現状を分析して、問題点や課題、その解決策を見つける力のことです。
  • 計画力:課題を解決するには何をすればいいのか、そのプロセスを明らかにし、適切な用意をする力のことです。
  • 創造力:新しい価値を生みだす力のことです。決してゼロから何かを生みだす能力ではありません。すでにあるものを組み合わせて新しい価値を見いだす能力のことです。

チームで働く力

チームで働く力とは、ざっくりいうと多様な価値観を持った人たちと、目標に向けて協力する力、能力のことです。

具体的には、「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「状況把握力」「規律性」「セルフコントロール力」のことです。

  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える能力のことであり、単に自己主張する能力ではありません。
  • 傾聴力:相手の意見を聞く力です。自己主張ばかり人の意見を聞けない人は評価されません。
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力です。
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力です。
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力です。
  • セルフコントロール力:ストレスに対して、適切に対処する力のことです。

社会人基礎力がなくても内定はもらえる

社会人基礎力がある人とは、先に紹介した能力をすべて兼ね備えた人ということです。

しかし、「そんな能力は持ち合わせていない」という方がほとんどだと思います。

実際、学生のうちから社会人基礎力を完璧にマスターしている人などいません。というより社会人でも完璧に身についている人はほとんどいないでしょう。

それは企業側も熟知しており、社会人基礎力がなくても就職することは可能です。

社会人基礎力は経済産業省が勝手に提唱しているもの

社会人基礎力は、そもそも世の中の状況や企業の状況を加味して「経済産業省」が提唱したものです。「これからの時代はこんな能力が必要だよね」といった感じで提唱したものにすぎません。

「企業が求めているのは社会人基礎力のある人間だ」など言われることがありますが、経済産業省が勝手に提唱した社会人基礎力なるものを、すべての企業が基準にしているわけではないのです。

そもそも学業が本業である大学生が、社会人基礎力を完璧に身につけるなど、到底無理な話です。勉強とアルバイトとサークル活動だけで身につくような簡単な能力なら、日本は優秀な人であふれかえっています。

また社会人であっても身についていない人がほとんどです。社会人のすべてに社会人基礎力が備わっているのであれば、日本の政治や社会は、より良くなっているはずです。

だから「社会人基礎力のかけらも持っていないや……」なんて落ち込むことはないのです。

社会人基礎力は社会人に必要な能力であり、学生は別

社会人基礎力は、あくまで社会人として身についていると理想的な能力のことです。社会人になってから身につけていけばいいのです。

実際、企業は新入社員研修などで、社員基礎力を身につけさせることを目的とした研修プログラムを実施します。つまり、企業側も学生のうちから社会人基礎力を求めているわけではないのです。あれば理想という程度であり、研修やOJTで身につければいいでしょう、というものなのです。

就活で見られているのはせいぜい主体性です。主体性さえしっかりアピールできれば、企業は採用してくれるでしょう。

つらい就活…楽に終わらせる方法とは?

以下のような就活サービスを使うと、楽に就活を終わらせることができます。もちろん利用は無料です。
早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

情報収集のやり方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました