スポンサーリンク

面接官の質問の意味が分からない時の対処法

面接
どれだけ面接官の話を注意深く聞いていても「質問の意味が分からない」「何をどう答えればいいのか分からない」ということがあります。

面接官の質問の意味が分からなった時は、「○○についてですね?」「恐れ入りますが、もう一度お願いします」といったように素直に聞き返すようにしましょう。

印象が悪くなる可能性もありますが、的外れな回答をするよりは聞き返したほうがいいです。

スポンサーリンク

面接官の聞き方、話し方が悪い場合もある

面接官は、必ずしも質問のプロ、コミュニケーションのプロであるとは限りません。現場で働く社員であったり、人事部に配属されて間もない社員であったり、面接慣れしていない社員の場合もあります。

意図が分からない質問、何を答えればいいのか分からない質問をしてしまうこともあります。

また面接官の声が小さかったり、滑舌(かつぜつ)が悪かったりする場合もあります。

そういった時は、迷わず「○○についてですね?」「恐れ入りますが、もう一度お願いします」といったように質問を聞き返すようにしましょう。

いくら面接官の質問の仕方が悪くても、分からないまま的外れな回答をしてしまえば、いい評価は得られません。面接官は「自分の聞き方が悪い」とはゆめゆめ思っていませんので、学生から聞き返してあげる必要があります。

また、「○○についてですね?」と聞く時間を使って、質問の意味を考える時間に利用できます。

質問を聞き直しても分からない場合は、分かる部分だけ回答する

面接では専門的な知識を問うような質問をされることがあります。また「東京都の郵便ポストの数は?」「日本のマンホールの数は?」といった地頭の良さを見る質問をされることもあります。

このような難解な質問は、一度聞き直しても完全に理解できない場合があります。

そのような場合でも、分かる範囲で回答するようにしましょう。

「すみません。分かりません」と回答するよりは何かしら回答しておいたほうがいいです。

わざと正解がない質問、一般人では到底回答できない質問をしており、学生が回答しようとする姿勢、回答を導きだす過程を見ている場合もあります。

再度、質問を聞いても分からない場合でも、分かる部分だけ回答するようにしましょう。

質問を聞いてなかった、忘れてしまった場合でも聞き返す

面接官の鼻毛が気になって質問を聞き逃してしまった。
集団面接で他の人の回答を聞いていたら質問内容を忘れてしまった。

このように自分の過失で質問に回答できない時もあると思います。このような場合でも「恐れ入りますが、もう一度お願いします」と聞き返すようにしましょう。

もちろん自分の過失なので、マイナス評価を受ける可能性が高いです。それでも質問内容が分からないまま、的外れな回答をしてしまえば不採用まっしぐらです。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」です。分からないなら素直に謝って、質問内容を聞き直すようにしましょう。

運よく面接官が「自分の聞き方が悪かったかな…」と勘違いしてくれるなら、聞き返すことによるマイナスは避けられます。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました