スポンサーリンク

面接質問「あなたにとって仕事とは何ですか?」の質問の意図/回答のポイント/回答例

面接

スポンサーリンク

質問の意図

「あなたにとって仕事とは何ですか?」この質問で面接官が知りたいのは3つです。

  • どんな職業観、人生観を持っているか?
  • 働くことに対して積極的か、労働意欲があるか?
  • 社会に関心、問題意識を持っているか?

仕事が好きな人は少数派であり、「できれば仕事なんかしないで暮らしたい」という人が大半です。面接官だって仕事なんか嫌いなはずです。

しかし会社としては、働いてもらう以上、積極的に仕事に取り組んでもらいわけです。いわれたことしかやらない、隙があるとサボっている、そんな社員はできれば採用したくないのです。

そして仕事に積極的に取り組んでくれそうかどうかを判断するために、その学生が仕事をどうとらえているのかを探るのです。

回答のポイント

  • アルバイト経験やサークル経験など実体験にも言及しつつ回答をする
  • 自分らしく語る
  • 謙虚に、真剣に語る

まだ働いたことがない学生が、一般論で仕事について語っても説得力に欠けます。説得力のある回答をするには、実体験を交えて語る必要があります。

「アルバイトを通してこんな経験をした、自分にとって仕事とはこうだ」という流れで回答するようにしましょう。

また、働いたこともないのに「仕事とはしょせん○○だ」「仕事なんて……」という流れで回答するのはNGです。「学生の分際で仕事の何が分かるんだ!」と怒られてしまいます。

ネガティブな内容はNG

その他、気をつけたいのは、ネガティブな内容にならないようにすることです。

「働かないと生きていけないので」「フリーターになるよりはいいと思ったので」などとネガティブな内容の回答だと、「労働意欲がない人」と判断されてしまいます。

仕方なく就職する、という意思が見えないような回答をするようにしましょう。

回答例

仕事とは人生を充実させるものだと考えています。私は居酒屋で接客アルバイトをしておりました。

お客様に怒られることや肉体的につらい時もありましたが、それよりも人から「ありがとう」といってもらえたこと、居酒屋という仕事の疲れを癒す場を提供する1人になれたことにとても充実感を抱きました。

仕事なければ仕事による疲れもストレスもなくなるかもしれませんが、逆に生きがいや人生に対する充実感といったものも無くなるのではないかと思っています。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました