スポンサーリンク

性格検査でウソの回答はバレるのか? ウソの回答でもいいのか?


就活の筆記試験では、一般常識と並行して性格検査が行われることがあります。

性格検査で自分を良く見せようと思って、ウソの回答をしてもいいのでしょうか? それともウソ回答はバレるのでしょうか?

例えば、求める人物像に「積極的な人」と書かれていたので、積極的な人を演じてウソの回答をするような場合です。

結論からいうなら、性格検査でウソの回答はするべきではありません。

なぜなら性格検査では、ウソを見抜く設問も用意されており、バレル可能性が高いからです。

スポンサーリンク

性格検査でウソの回答はバレる

クレペリン検査、SPI性格検査などの性格検査には、ウソの見抜くための設問が用意されています。ウソを見抜くための設問はライスケール(Lie Scale)と呼ばれ、性格検査に紛れこませることで、全体の回答の信頼性や虚言癖があるかどうかを測るのです。

例えば「人を疑ったことは一度もない」「約束を破ったことは一度もない」などの質問です。これらは誰が答えても「NO」という回答になります。しかし、自分を良く見せようと「YES」と回答をしたら、「正直に回答していない」と判断されます。

このような設問を混ぜることで回答の信頼性を見ているのです。

ウソを見抜くための設問は、例のようにシンプルなものとは限りません。またいくつも紛れこんでいるので、対策をするのは不可能です。ウソの回答をして完璧なキャラを作ることは不可能に近いといえます。

性格検査は外部機関の専門家が時間をかけて作り上げたものです。簡単に欺くことができるなら検査の信頼性が疑われてしまい、どこの企業も利用しなくてなってしまいます。その辺の大学生が欺けるほど単純なものではないのです。

また検査でウソを突き通したとしても、面接で話すエピソードやその人の雰囲気から本当の性格を見抜かれる可能性も充分にあります。

性格検査におけるウソはバレる可能性が高いです。ウソをついたことがバレれば、不採用になるのは確実です。

そんなリスクを負うぐらいなら、正直に回答した方がいいでしょう。

筆記試験対策はしておくべき

性格検査に関しては、対策のしようがありません。参考書を読んで優秀な人を性格を取り繕っても見抜かれてしまいます。

一方で、一般常識やSPI、CABなどの適性検査は事前の対策で結果を良くできます。

適性検査は、能力を試される試験と、知識を試される試験の両方があります。

能力を試される試験でも、問題の解き方、考え方を予習しておけば、良い結果を出すことができます。

知識を問われる試験に関しても、過去と同じ問題が出題される場合があります。過去問を解いておくことで対策できるのです。

筆記試験は対策をしておくことで、結果を変えることができます。志望企業で、筆記試験があるなら絶対に対策をしておくべきです。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

筆記試験対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました