さっさと就活を終わらせたい…就活をはやく終わらせる3つの方法

「つらい」「面倒」

「こんな就活さっさと終わらせたい!」

大量のESに履歴書。毎回行う面接対策。

バイトも卒論もあるのに、いつまで就活なんてやってられない。

できればこんな就活、早く終わらせたい。

そんな要望に応えるべく、ここでは就活を早く終わらせる方法を3つ紹介します。

スポンサーリンク

方法1:大企業、有名企業、人気企業は狙わない

大企業は狙わない


多くの就活生は当たり前のように、大企業、人気企業、有名企業にまずエントリーします。

しかし、そういった人気の大企業には、学歴もコミュニケーション力もある優秀な人がたくさん応募してくるレッドオーシャンです。

凡人学生には勝ち目がありません。それにもかかわらず多くの凡人学生は、何十社もの大企業、人気企業にエントリーして消耗します。

さっさと就活を終わらせたいと思うなら、レッドオーシャンで戦うなどという、愚かなことをして時間を浪費すべきではありません。

中小企業、知名度が低い企業でも、優良企業はいくらでもあります。ブルーオーシャンを狙って、さっさと就活を終わらせるべです。

隠れた優良企業をいち早く見つけ、早いうちに応募、内定をもらってさっさと就活を終わらせましょう。

応募企業に迷うのは時間の無駄、内定をもらってからじっくり企業を選べばいい

安定した企業がいい、福利厚生が充実した企業がいいなど、企業選びで悩むこともあるでしょう。

しかし、応募する前から安定性や知名度、福利厚生を気にしても意味がありません。

なぜなら、内定をもらえなければ、その企業には入社することはできないから。

入社できるかどうかわからないのに、福利厚生や安定性、知名度などを気にして、企業選びに悩むのは時間の無駄です。

内定は辞退できます。

福利厚生や安定性などの要素は、内定をもらってからゆっくり考えればいいのです。

さっさと就活を終わらせたいのであれば、まずは内定をもらうことに集中しましょう。企業選びはその後です。

スポンサーリンク

方法2:短期で内定をもらえる就活サービスを利用する

就活サービスを利用して就活を成功させる

リクナビやマイナビなどの就活ナビサイトを使って、周りと同じような方法で就活をした場合、

さっさと就活を終わらせることができるのは、よほど運が良い人か、学歴もコミュニケーション力も高い優秀な学生です。

一般的な凡人学生が、さっさと就活を終わらせたいと思うなら、就活ナビサイトだけに頼ってはいけません。

短期で内定をもらえる、少し変わった就活サービスを利用しましょう。

短期内定も可能な「キャリアチケット」

キャリアチケット

さっさと就活を終わらせたい人におすすめなのが、「キャリアチケット」という就活サービスです。

おすすめである理由は、次の2つです。

キャリアチケットがおすすめである理由

  • 最短2週間で内定も可能だから
  • 内定の可能性が高い企業にピンポイントで応募できるから

キャリアチケットでは、あなたの好みや強みと、企業のニーズが合致した企業を紹介してもらえます。

自分を必要としてくれる会社に、ピンポイントで応募できるので、内定を取れる確率が高いです。ゆえに短期で就活を終わらせることができます。

内定の可能性がほぼゼロの企業に、闇雲に応募する失敗を避けることができるのです。

さっさと就活を終わらせたいなら、定番の大手就活サイトではなく、キャリアチケットのような大きくはないが、サポートがしっかりしている就活サービスを活用すべきです。

公式サイト:キャリアチケット

スポンサーリンク

方法3:プロのアドバイスがもらえる就活サービスを利用する

プロのアドバイスを受けられる就活サービスを利用する


就活をさっさと終わらせる1つの方法。それは就活のプロからアドバイスをもらうことです。

友人、先輩のアドバイスはあてにならない

先に内定をもらった友人や先輩からアドバイスをもらって、満足してしまう人がいます。

しかし、友人や先輩の経験にそったアドバイスなど参考になりません。

たとえ一流企業から内定をもらっている人であっても、その人だからこそできたことです。

その人と同じことをあなたがしても内定をもらえるとは限りません。

また間違った情報に振り回されて、就活が長引く危険性もあります。

さっさと就活を終わらせたいのであれば、就活を熟知したプロから、アドバイスをもらい、正し情報で就活を進めるようにしましょう。

さいごに:さっさと就活を終わらせて、一生に一度の大学生活を大切にする

就活をする


会社、仕事が合っているかどうかは実際に入社してみないと、実際に働いてみないとわからないものです。

たくさんの情報を集め、「この会社・仕事なら絶対に自分に合っている」と判断したとしても、実際に働いてみたら合っていない可能性は充分にあります。

だからこそ、「3年以内で辞める人は3割」と言われるのです。

時間をかけて就活をしたとしても企業選びに失敗する可能性はあります。

そうであるならば、先に紹介した方法を駆使し、さっさと就活を終わらせ、一生に一度しかない大学生活を存分に楽しむべきです。

社会人になってしまうと、1か月以上の休みはまずありません。

連休は、3連休が基本。

有給と祝日を組み合わせても1週間が限界です。

大学生のように1ヶ月、2ヶ月休める生活は、定年退職後か、もしくは仕事辞めてニートになるしかありません。

企業選びの失敗は転職でどうにかなるが、失った時間は取り戻せない

企業選びの失敗は、転職によって挽回することができます。

しかし失われた時間は、決して取り戻すことはできません。

大学生活を就活にささげることで、失われるものがなんなのか? 失われるものがあなたにとって大切ならものである場合は、就活などしている場合ではないでしょう。

さっさと就活を終わらせて今しかできない、貴重な経験をしておくべきです。

その他のおすすめ記事

以下のページでは就活が楽になるサイト・サービスをまとめています。ぜひご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました