スポンサーリンク

これだけは知っておきたい!就職サイトを使う際の3つの注意点

就職サイトを使う際の3つの注意点
就職サイトはリクナビもマイナビもどれも同じだと思っていませんか? 

実はサイトによって掲載されている企業が全然違っている場合があるのです。

就職サイトはあらゆる情報を得られるとても便利なサイトです。しかし何となく使っていれば、就活が上手くいくとは限りません。

では、どのように就職サイトを使えばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

就職サイトを使う際の3つの注意点

サイトによって特徴が異なる

就職サイトはたくさんありますが、それぞれ特徴があります。例えば、首都圏の求人情報だけを掲載しているサイトや地方の求人が充実しているサイト、大企業の求人が豊富なサイト、中小企業の求人が豊富なサイトなど、様々です。

リクナビのような大手のサイトを利用すれば、地方も首都圏も大手も企業も中小企業も網羅できますが、他のサイトにはリクナビにはない求人が掲載されている場合もあります。

複数のサイトを利用すれば、それだけたくさん求人を閲覧することができ、応募できる企業の幅も広がるのです。

就職サイトは、1つだけに限定するのではなく、複数のサイトも併用するようにしましょう。ライバルが少ないお宝求人を見つけられるかもしれません。

就職サイトの使い道は企業探しだけではない

就職サイトは企業探し以外にも、業界セミナー情報を得たり、履歴書の書き方を学んだり、自己分析に診断を受けられたりとその用途は様々です。

無料にも関わらず、ここまで様々な機能や情報を揃っているのです。それにも関わらず企業に応募するためだけに利用するのはもったいないことです。

学生同士で情報交換できるサイトもあるので、色々なサイトの色々な機能を利用するようにしましょう。

就職サイトだけで情報収集をしない

就職サイトは、企業の広告費で成り立っています。お金を出す側の企業にとって都合の悪い情報が掲載されることはありません。また企業の詳細ページに記載されている会社概要や企業の特徴などは、企業の担当者が書いているものであるため、ネガティブな情報は一切記載されていません。

つまり、就職サイトには、企業にとって都合の良い情報をしか掲載されていないのです。

その情報だけで企業選びをしてしまうと、入社後のギャップに悩まされることになります。自分に合った会社、長く止められる会社を見つけるなら、就職サイトだけはなく、書籍や新聞、OBOG訪問などで多角的に情報を仕入れるようにしましょう。

主要就職サイト一覧

リクナビ
ほとんどの学生利用する決定版的な就職サイト。企業への応募、企業情報の収集、説明会応募、自己分析診断、就職ノウハウ、合説情報など、このサイト1つで就活のほとんどのことを網羅できる。絶対に登録しておくべきサイト。

マイナビ
リクナビと並んで豊富な情報を掲載する就職サイト。独自の自己分析診断や就活ノウハウコンテンツなどが充実。リクナビにはない求人もあるので、登録しておきたいサイトの1つ。

キャリタス就活
日本経済新聞社が協力するサイト。インターンシップの情報や企業研究に役立つサイトが掲載されている。

ダイヤモンド就活ナビ
企業の求人情報、U・Iターン情報、学生レポートが充実しているサイト。また独自イベントも実施しているので、一度はチェックしておくべきサイト。

あさがくナビ
学情が運営する就職サイト。企業の求人情報から企業セミナーなどのイベント情報、就活のノウハウ情報を掲載されているサイト。

ブンナビ
企業の求人だけでなく、優良企業ランキング、企業比較、「会社四季報」のデータなど、他のサイトにはない情報が閲覧できるサイト。

みん就
楽天が運営する就活掲示板サイト。業界別に企業の口コミ、面接体験記、志望動機の共有など、選考に役立つ情報から、雑談掲示板など幅広い。また「みん就」独自にイベントも実施している。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

情報収集のやり方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました