スポンサーリンク

面接質問「最後に何か言いたいことはありますか?」の質問の意図/回答のポイント

面接
面接の締めくくりといえば、「最後に何か質問はありますか?」という質問ではありますが、「最後に何か言いたいことはありますか?」のパターンもあります。

「最後に何か言いたいことはありますか?」

この質問は、「最後のチャンスを与えてやるから何かアピールしてみろ」ということです。

つまり、それまで受け答えでは不合格だけど、最後に挽回のチャンスでしっかりアピールできれば、次の面接の進めるということです。

スポンサーリンク

質問の意図

最後の挽回のチャンス

先にも解説した通り、面接官から「最後に何か言いたいことはありますか?」と質問がくるのは、最後の挽回のチャンスを与えてやる、ということです。

基本的に、面接官は自分のタイミングで面接を終わらせることができます。不採用の学生であれば、志望動機や自己PRなど基本的なことだけ聞いて、さっさと面接を終わらせてしまえばいいのです。

それにもかかわらず、「最後に何か言いたいことはありますか?」と聞くのは、通過の可能性があるからです。

ただし、合格点ギリギリであり、最後のアピールが上手くいかなければ、不合格です。合否を左右する最後の、最も重要なアピールになるわけです。

回答のポイント

そもそも、「最後に何か言いたいことはありますか?」と聞かれることはほとんどありません。

わざわざこれを聞くということは、面接官個人が合格の決定打がほしいのです。たとえば面接後、上司に「なぜあの学生を通過させたのか?」と聞かれた時に、「最後のアピールが決定打となりまして……」といったように妥当な説明をできるようにしておきたいのです。

この質問では、もはや会社としての採用基準は関係なく、「最後にオレの心を動かしてみろ!」という趣旨が強いともいえます。

感情に訴えるか、理屈で自分を採用するメリットを伝えるかは、その面接官の好みによるところがあります。そのため、これをいえば逆転できる、などという必勝法はありません。

会社に対する思い、採用するメリットを伝える

無難な回答は、感情に訴えながら、採用するメリットを論理的に伝えることです。

「どうしても御社に入社したい!」という熱い思いを伝えるととともに、「私を採用すると御社にこんなメリットがある」「私は御社で絶対に活躍できる」ということをある程度、論理的に説明するのです。

これで不採用になるなら、その会社には縁がなかったということで、清く諦めましょう。

自分から言い出す「最後のアピール」は無意味

「最後に何か言いたいことはありますか?」と質問される場合、挽回のチャンスはあるといえます。

しかし、学生側から「最後にアピールしてもいいですか?」という場合は、挽回のチャンスはありません。

もちろん面接官は、「どうぞ」と答えさせてくれるでしょう。しかし、面接官はそれをしっかり聞いてくれるとは限りません。

面接官は基本的に、自分の聞きたいことしか聞きません。また前述の通り、面接官は自分のペースで面接を進め、自分ペースで面接を終わらせます。聞きたいことを全部聞いて「やっと面接終わり!」、という時に学生から「最後にアピールしてもいいですか?」と言われるわけです。当然、いい気はしません。

また面接官からすれば、「こっちが質問した時に最大のパフォーマンスを出せるように準備しておけ!」と考えるでしょう。つまり、「最後にアピールしてもいいですか?」と進言するのは、アピールにならないどころか、評価を下げる可能性もあるのです。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました