スポンサーリンク

【たったコレだけ】内定をもらうためにアピールすべき2つのこと

「リーダーシップを発揮した経験をアピールしろ」

「派手なエピソードでなくてもいいから試行錯誤した経験をアピールしろ」

就活本やネットの情報を調べると、色々な就活論を見かけます。

情報によっていっていることが違うから、「なにをアピールすればいいのかわからない」と悩んでいる人もいると思います。

そんな悩みを解決すべくここでは、「内定をもらうためにアピールすべき2つのこと」をお教えします。

この2つは、色々な就活本をチェックしてみつけたものです。つまり、どの就活本でも共通して「これが必要だ」といっていることです。

スポンサーリンク

「仕事ができること」「人間として問題がないこと」をの2つをアピールすれば内定はもらえる

志望動機や学生時代の話、長所や短所などいろいろ質問をしまよね。

それらはすべて、以下の2つのことを確かめるためです。

  1. 仕事ができるか?
  2. 社内の人とうまくやっていけるか?

↑内定をもらうためにアピールすべき2つのこと

つまり、上の2つをアピールできれば、内定はもらえるということ。

志望動機にしても自己PRにしても、「仕事ができること、人間として問題がないこと」がしっかり伝える内容になっていればいいのです。

ではなぜ、「仕事ができること、人間として問題がないこと の2つのアピールが大切なのか?

その理由について解説します。

企業は「仕事ができて、人間として問題がない」人を求めている

大手を狙う就活生

企業が求めているのは「仕事ができる人」「社内の人間とうまくやっていける人」です。

これはどの就活本にも書いてあることです。

つまり、これが就活における唯一の正解であるということです。

すべての企業は「仕事ができる人」を求めている

当たり前といえば当たり前ですね。

給料を払うわけですから、仕事ができない人よりも仕事ができる人を採用したいですよね。

企業は利益を追求する組織です。追求するというよりは義務です。

利益がでなければつぶれてしまうのですから、義務です。

義務を果たすためには社員が必要なのですが、社員には給料を払わなければいけません。

社員が給料以上の利益を出せしてくれればいいのですが、利益を出せなければ給料分の損失がでます。

会社としては当然、1円でもマイナスになるような社員は雇いたくありません。

つまり、仕事ができる人を採用することは、営利を追求する会社であればどの会社でも、絶対条件なのです。

「仕事ができなさそうだけど面白いから採用」「仕事はできないけど顔がいいから採用」こんな調子で新卒採用を行っている企業があったら、間違いなくつぶれるでしょう。

顔が良くても、話が面白くても、仕事ができなければ、給料分、赤字が増えるだけなのですから。

すべての企業は「社内の人間とうまくやっていける人」を求めている

「社内の人間とうまくやっていける人」とは、つまり人間関係で問題を起こして損失を出せさない人です。

たとえば、

「成績トップの社員に嫌がらせをして退職に追い込んだ」
「社内に敵が多く、仕事上の協力が得られなくてまったく成果を出せない」
「訴えられるほど、セクハラ、パワハラがひどい」

こんな人は、会社にとって明らかに損失です。こんな人ばかりの会社は存続することができません。

すばらしい商品・サービスがあっても人間のせいでマイナスがでてしまいます。

会社としては当然、そんな愚かなことをしたくないのです。できれば社員どうしが、良好な人間関係を構築し、相互に極力し、成長し、より利益に貢献してくれる、そんな会社にしたいのです。

これは日本全国、利益を追求するすべての企業で共通することでしょう。

つまり、すべての企業は「社内の人間とうまくやっていける人」を求めているといえるのです。

ですから面接やESでは、人間として問題ないこと、仕事ができる人間であること、この2つをアピールしましょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

就活論
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました