スポンサーリンク

残業・休日出勤・給料など、聞きづらい質問をする時の注意点

面接
残業時間や休日出勤、ボーナスや給料、福利厚生の充実度などは、ストレートに質問すると「働く意欲がない」「福利厚生や給料が目当て」といったように判断される場合があります。

質問するとネガティブな印象を与える可能性があるため、極力、質問するべきではないとされています。しかし企業を選ぶうえで、給料や平均残業時間、休日出勤の頻度などの労働条件はかなり重要です。

では、自分の評価を下げることなく、これらの情報を聞くにはどうすればいいのでしょうか?

聞きづらい質問をするときの注意点やコツなどをここでは紹介します。

スポンサーリンク

聞きづらい質問をするときの注意点

採用意向ある終盤の面接で質問するのベター

会社説明会や一次面接などは、まだまだ候補者が多く、また自分に対する理解も浅いです。企業側も誰を採用するか、その意向は定まっていません。

そこでいきなり「ボーナスはいくらですか? ちゃんともらえますか?」と質問してしまうと、「金にしか興味がないのか?」と思われます。

逆に最終面接や終盤の面接であれば、採用側がある程度学生のことを理解しており採用意向も固まっています。ここまでくれば、ボーナスや給料について質問しても、特に印象が悪くなることはないでしょう。

残業時間や休日出勤は二択で回答できる聞き方で

「平均残業時間はどれぐらいですか?」と聞くのではなく、「この業界ですと、週に10時間程度残業があると考えておけばよろしいでしょうか?」

といったように「はい」か「いいえ」の二択で回答できる質問をするのです。

このように質問すると、正解であれば「はいそうです」と回答します。

間違っていれば「いやそんなに残業はしませんよ。週に5時間あるかないかです」といったように具体的な回答を得られます。

また、具体的な数字を出して質問をすることで、仕事や業界についてしっかり勉強していることをアピールできます。

個々の質問に関する注意点

残業時間・休日休暇に関する質問

残業時間、休日休暇については、職務内容を知るうえでとても大切な条件です。質問しても失礼ではないので、初回の面接で聞いても問題ないでしょう。

ただし、最初に聞くのではなく、雰囲気がなじんだところで聞くのが得策です。

また残業時間や休日に関しては、部署や役職によって異なる場合があります。入社後の配属先が決まっている場合、上長や現場社員が面接官の際に聞く方がいいでしょう。具体的な回答を得られます。

逆に人事部や役員、社長に残業時間・休日休暇を聞いても、具体的な回答を得られないかもしれません。平均残業時間は教えてくれるかもしれませんが、部署や職種によって大きく違うのであれば、平均を聞いても意味がありません。

相手の役職や立場をみながら質問するようにしましょう。

女性が長く働けるかについての質問

結婚後も働けるか、育児休暇は取れるのかどうかについては、単刀直入に質問しても「もちろんです」と返されるだけで、具体的な内容については回答してもらえません。

そのため、「長く働いている女性社員はいるのか?」を質問し、いる場合は、その女性社員に勤続年数、勤務状況、結婚、子供の状況など、具体的な状況を質問するようにしましょう。

具体的に事実を質問することで、その企業の本当の姿が浮き彫りになります。

役職や配属先についての質問

初回の面接で聞いても問題ないですが、面接の終盤で聞くようにしましょう。自分の能力や経験を一通りアピールし、ある程度会話がなされた後であれば、悪い印象を与えることはありません。

ただし、一次面接は現場社員や入社2、3年の社員が務める場合があり、新卒の入社後の配属先を知らされていない場合もあります。またそもそも内定が決まってから配属を決める企業もあるので、納得のいく回答が返ってくるとは限りません。

給料や待遇条件についての質問

年収やボーナス額など、金銭に関することは、最終面接、その前の2次、3次面接あたりで聞くようにしましょう。企業の採用意向がある程度決まっている終盤の面接なら、金銭に関する質問をしても問題ありません。

逆に、企業の採用意向がまったく定まっていない初回の面接で金銭に関する質問をするのは失礼です。

またボーナスに関しては、就業規則に記載されているのが一般的です。そこで就業規則はあるかどうかを質問してみるのも一つの手です。就業規則があれば、会社はそれなりにしっかりしていると判断できます。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました