スポンサーリンク

面接質問「学生時代に力を入れたことを教えてください」の回答ポイント/回答例/類似の質問

面接
「学生時代に力を入れたこと」は高確率で聞かれる質問です。

この質問におけるポイントは以下の3つです。

  • 企業がしりたいのは、経験から学んだこと・問題解決のための思考力をもっているか?
  • エピソードから何を学んだのか、それをどう活かすのかを話す
  • 派手な実績は必要ないので、自分自身が学んだ、自分だけのエピソードを率直に話す
スポンサーリンク

「何を学んだのか?」「それを仕事にどう活かすか?」を語る

「アルバイトを頑張った」「ボランティアを頑張った」など、単に経験したことを語るだけでは、評価してもらえません。

面接官は、学生時代の経験・学びを聞くことで、仕事をしっかりこなせる能力があるか、入社後に活躍できるポテンシャルはあるか、

つまり、「問題解決のための思考力をもっているかどうか」を知りたいのです。

「○○を頑張った」だけでは、いい評価を得ることはできません。

学生時代に経験したことから「何を考え、どんな学びを得たのか?」「それを仕事でどのように活かすのか?」を論理的に話すことが大切です。

話すエピソードについては、エントリシートと同じ内容で問題ないでしょう。

エントリシートが通過しているということは、書いた内容が認められるということです。わざわざエントリシートと別の回答をする必要はありません。

ただし、ダラダラ長くならないように、1分程度で話せるようにまとめましょう。

派手な実績がなくてもいい

サークルでリーダーを務めてイベントを成功させた、100人規模のイベントを成功させた、など派手な実績を語る必要はありません。エピソードをねつ造する必要もないのです。

そもそも、リーダーばかり、自己主張が強いやつばかりでは、企業はうまくいきません。

企業はいろんな人材を求めており、たとえ地味な人でも、学生時代に派手なエピソードがくても、仕事を正確にこなしてくれる人であれば、採用されます。

大切なのは、経験から何を学んだのか、それを仕事でどう活かすか、です。

アルバイトでも、サークルでも、勉強でも何でもいいので、「経験から何を学んだのか、それを仕事でどう活かすか?」を論理的に話せるように準備しておきましょう。

失敗した・結果がでなかったエピソードでもいい

「学生時代に力を入れたこと」のエピソードは、評価された、前代未聞の結果をだした、など成功体験である必要はありません。

「○○を頑張ったけど、うまいくいかなった」
「頑張ったけど、いい結果はでなかった」

というエピソードでも問題ないのです。

大切なのは、その失敗から何を学んだのか、どんな反省をしたのかです。

「○○が悪かったのが失敗の原因だと思っている。次回はこのように改善したい」といったように、経験を自分なり分析し、成長していることがアピールできれば、しっかり評価してもらえるはずです。

回答例

3年間続けているスポーツジムのアルバイトに力を入れました。初めて開店準備を任されたとき、寝坊してしまい、マネージャーに「二度と任せない」と叱られました。

どうにか信用を回復したいと思い、常に5分前行動を心掛け、自分や他の人が注意を受けたことをメモにまとめ、嫌がって誰もやらなかった仕事を積極的にやるようにしました。

それから3か月後、マネージャーから「もう一回チャンスを与えてやる」と言われた時、信用を取り戻すことの難しさと、努力をすれば評価してもらえることもあると学びました。

類似の質問

学生生活について教えてください

「学生時代に力を入れたこと」と似たような質問として「学生生活について教えてください」というものがあります。

この質問は、面接の最初に応募者をリラックスさせる目的で聞かれるもので、能力や性格を見極めようという意図があるわけではありません。

だからといって、「勉強とアルバイトの思い出しかありません」と、ざっくりとした回答や、時系列で学生生活を話すだけでは、面接官の印象に残りません。

「こんなテーマを持って学生生活を送ってきた」といった話や、自分の性格、ひととなりがわかるような具体的な話を伝えましょう。

学生時代に最も努力したことは何ですか?

質問の意図としては「学生時代に力を入れたこと」と同じです。努力した経験から学んだこと、仕事で生かせることなどを回答すれば問題ありません。

ただし、出だしは「私が最も努力したことは……」にします。その後に、用意してきた「学生時代に力を入れたこと」を話せば問題ないでしょう。

学生時代で最も思い出に残ることはなんですか?

質問の意図としては「学生時代に力を入れたこと」と同じですが、どんな思い出かを明確にして、それがなぜ思い出に残っているのか、その理由を明確に伝えるようにしましょう。

「こんな経験をしたことが思い出に残っている」

「この思い出から○○ということを学ぶことができた」もしくは「○○という結果を残すことができた」

このような流れで話せば問題ないでしょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました