スポンサーリンク

面接質問「サークルやアルバイトについて教えてください」回答ポイント/回答例/類似の質問

面接
多くの就活生が、志望動機や自己PRでサークルやアルバイトの話題を話します。

一方、これらの話題に触れなかった場合、面接官側から「サークルやアルバイトについて教えてください」と質問を受けることがあります。

質問の意図としては、

サークルやアルバイトで経験したことのなかで、仕事で生かせるものがあるか?
サークルやアルバイトで経験したことのなかで、どんなことを学んできたのか?
どんな学生生活を送っていたのか?

これらのことを探るためです。

スポンサーリンク

何をしたのかと、得たこと・学んだことをアピールする

「サークルはテニスサークルで、アルバイトは居酒屋でしていまいた」と単に、何をしていたかを話すだけでは不十分です。

例えば、テニスサークル所属していたのであれば、テニスサークルでどんな経験をしたのか、どんなことを学べたのか、を話すべきです。

複数のサークル・アルバイトをしていたのであれば、最もいいアピールができるものを1つピックアップして、話すようにしましょう。

また、サークルもアルバイトもしていという場合は、「なぜしなかったのか? その代わりに何をしたのか?」を具体的に話せば、評価が悪くなることはありません。

回答例

家庭教師のアルバイトをしています。大変ですがとてもやりがいのある仕事です。

昨年まで、高校受験を控えた中学生を教えていたのですが、当初は不可能と思われていた志望校に、合格しました。

なにより本人が頑張ったのはもちろんですが、目標を達成するために試行錯誤することで、結果は必ずでるということを、学ぶことができました。

類似の質問

あなたのサークルはどんなことをサークルですか?

「どんなこと」と聞いていますが、これはサークルの目的です。

そのため、「テニスをしています」「野球をしています」と活動内容だけでは不十分であり、どんな目的で取り組んでいるのかを答える必要があります。

例えば、

「テニスサークルをやっております。特に私のサークルでは、初心者も上級者も、一緒に楽しめるような練習メニューを、メンバーで協力しながら考えることを目的に運営しています。」

こちらのように運営の目的や姿勢まで語ると、好印象です。

サークル活動に取り組むなかで困難なことはありましたか?

どんな困難があったか、よりもその困難をどのように解決し、何を学んだのかを伝えることが重要です。

面接官が知りたいのは、困難を乗り越えるまでのプロセスです。

「こんな困難があった。この困難をこのようにして乗り超えた。」

もしくは、「いろいろ試したけど、困難を乗り越えることはできなかった。次に同じような困難にあたった時は、このように解決したい」

といった流れで答えると、問題解決に取り組む姿勢、結果分析の姿勢をアピールできます。

アルバイト経験から何を学びましたか?

ストレートに、アルバイト経験から学んだことを答えましょう。

ただし、アルバイトのなかで完結することではなく、社会にでても役立つことで、学んだことを話しましょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました