スポンサーリンク

公務員と民間企業の併願は可能か?併願の注意点を解説

公務員試験
公務員と民間企業の併願が可能なのか?

について解説します。

結論からいえば、公務員も民間企業も併願を禁止しているわけではないので、併願は可能です。

ただし、とても大変であることは間違いありません。

スポンサーリンク

公務員と民間の併願は厳しい

民間企業の採用活動が本格化するのは、3年生の3月からです。そして公務員試験は4月から受付です。

大変な時期が重なっているのです。

公務員試験も、民間企業への採用試験も筆記試験、面接があり、どちらの対策も必要になります。

アルバイトができなくなるので、金銭的にも苦労します。ゼミの論文提出があれば、状況は悪化します。

またサークル活動や友人と遊んでいる時間もなくなるので、精神的負担も大きくなります。

公務員と民間を併願するということは、このような状況に耐えていかないといけないのです。

公務員志望を民間企業は嫌う

民間企業の人間は、公務員を志望する学生を「安定志向」だと捉えています。

民間企業は営利目的で運営されており、新しいこと、先の見えない不安定なことにも挑戦していくことが求められます。求めているのは、安定志向の人間ではなく、積極的でチャレンジ精神がある人です。

公務員も就活も失敗する、という最悪の事態を避けるためにも、民間企業が求めている人物像をしっかり把握しておくべきです。

また就活試験で公務員の話題を出すなら、公務員を目指そうと思った理由の説明も必要です。当然、「安定しているから」では、ダメです。民間企業の人が納得できるような、公務員を志望した理由を用意しておきましょう。

併願するなら早めに

公務員試験の準備に関しては早めに始めている人も多いと思います。

問題なのは民間の対策です。

自己分析や業界研究、ES対策、面接対策など、やるべきことは山ほどあります。3年の3月から準備をしたのでは到底間に合いません。「周りはまだ何もやっていないから」と、民間志望の人と同じペースで始めたのでは間に合いません。

できれば、民間企業の準備は3年の9月ごろから始めるべきです。受ける業界、企業を明確にしておき、説明会参加、ES提出も効率的に進められるように準備しておきましょう。

安易な気持ちで公務員を志望するべきではない

公務員の魅力はなんといっても安定していることです。

実際、「安定している」を理由に公務員を志望している人もいるでしょう。これは何も悪いことではく、安定を軸に職業を選ぶのは自然なことです。

しかし、「公務員という職業が本当に安定した職業なのか?」「これからも安定しているのか?」については一度、しっかり考えておくべきです。

例えば、2007年に北海道の夕張市が事実上の破綻をしました。夕張市においては、破綻によるリストラはありませんでした。それでも、給与、退職金が減額されています。

また少子高齢化の影響で、日本の財政は今後も悪化していくと考えられます。

地方公務員でも、国家公務員においても、給料カットは今後確実に検討されるはずです。

また、これまで滅多に行わなかった公務員のリストラを、これからも行わないという保証はどこにもありません。

イギリスでは、2012年に50万人の公務員をリストラしています。これが日本で行われないといえるでしょうか。

英国で進む公務員50万人の大リストラ(「週刊東洋経済」5月26日号から)

公務員安定神話を盲目的に信じ、安易に公務員を目指すのではなく、公務員の負の側面や今後の世の中の流れも考慮した上で、「本当に公務員になるべきなのか?」を考えるべきです。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

情報収集のやり方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました