スポンサーリンク

面接やESで高校時代・大学受験のエピソードを使ってもいいのか?

エントリーシートや面接で高校時代の話を使ってもいいのか?

この疑問について解説します。

スポンサーリンク

大学生活のエピソードがベター

基本的に就活では、大学生時代のエピソードを使うべきです。

なぜなら高校時代の話をしてしまうと「大学生活では、何もしてこなかったのではないか?」と採用側に疑問を持たれるからです。

また高校時代の部活や勉強の実績ばかりだと、「過去の栄光にすがっている」と判断されることもあります。

大学受験の話はアピール度が弱い

「これまでの人生で一番大変で、頑張ったのは受験勉強だ!」という人もいるでしょう。

実際、多くの学生が大学受験のエピソードを話してしまいますが、受験のエピソードはおすすめできません。

受験はすべての大学生が経験しているものです。

「受験勉強を頑張った」とアピールしても、「それは他の人も同じだよね」ということであまり評価してもらえません。

40から60に偏差値を上げた実績があっても、D判定であった難関大学に合格した実績があっても、同じような経験をしている人は山ほどいます。

すべての大学生が経験している受験の話よりも、実績はたいしたことがなくても、独自性のあるエピソードを伝えるべきです。

その方が相手の印象に残りますし、自分の性格、資質、能力も相手に伝わります。

これらの理由から、できれば就活では大学生活でのエピソードを使うべきです。

エピソードがないなら作るためにボランティアに参加したり、アルバイトの取り組み方を工夫したりしましょう。

高校時代のエピソードが聞かれる場合もある

10代である高校時代の経験は、人格形成に大いに影響します。

そこで大学生活ではなく、高校時代のエピソードをあえて聞き、応募者の本当の姿を探ろうとする採用担当者もいるのです。

また、大学生活以外のエピソードを質問することで、学生の不意を突こうと考える人もいます。

これらは少数派ではあり、実際に採用側から高校時代のエピソードを聞かれる機会は少ないでしょう。しかし、高校時代のエピソードを聞かれない保証はどこにもありません。

高校時代に経験したこと中で、1つや2つ、アピールできる経験をまとめておくようにしましょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

自己分析のやり方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました