スポンサーリンク

面接質問「自宅から勤務地が遠いようですが大丈夫ですか?」の回答のポイント/回答例

面接
「遠いことは重々承知している。むしろ分かったうえで応募している」

と返したくなるような意地悪な質問です。

むしろ遠いにもかかわらず応募している志望度の高さを評価してほしいぐらいです。

しかし採用する側としては、入社後に「遠いから辞めます」などと言われたり、未来の遅刻常習犯を雇うなどというミスは避けたいのです。

だからこそあえて面接で、「自宅から勤務地が遠い用ですか大丈夫ですか?」と質問し、

通勤時間が長いことを現実的に理解しているか?
本当に毎日定時に通うことができるのか?
毎日通うための覚悟ができているか?
毎日通うための対策、工夫などを考えているか?

といったことを確かめるのです。

スポンサーリンク

回答のポイント

通勤できる根拠を説明する

当然ですが、「ちょっと厳しいかもしれません」「通勤できないかもしれません」などと回答するのはNGです。「大丈夫です!」と自信をもって答えるのが大前提です。

この質問では、「なるほど、それなら問題なそうだ」と面接官に思わせる回答をする必要があります。

単に「もちろん大丈夫です!」と答えるだけではだめです。なぜ大丈夫だと言えるのか、その根拠も含めて回答する必要があります。

たとえば「高校時代は、片道2時間の学校に通っていました」「就職したら会社から30分圏内の場所に引っ越すつもりです」「最寄駅からは必ず座れるので大丈夫です」など。

回答例

面接官:「自宅から勤務地が遠い用ですが大丈夫ですか?」

学生:「問題ありません。これまでも片道2時間の通学時間でしたので、長時間の移動は慣れています。御社の場合、現在よりも電車に乗る時間、乗り換え回数ともに少ないので体の負担はさらに少ないと思います」

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました