スポンサーリンク

企業が欲しい人材は「文句を言わずに働いてくれる都合のいい人」である

面接に臨む学生

スポンサーリンク

企業が求めているのは黙って働いているくれる人

企業が求めているのは、「利益をもたらしてくれる人」というのは、就活本やネットでよく解説されています。

これをさらに具体的に言うと、

企業が求めているのは、

企業の指示に黙って従い、文句を言わず働き、さらに、頭を使い新しいアイディアを提案してくれる

そんな人です。

会社では、つまらない仕事、きつイ仕事、面倒な仕事がたくさんあります。

そして入社してから3年は、そういった仕事をひたすら任されることになります。

そういった仕事に対していちいち文句をいったり、「こんな仕事やってられるか」と辞めていくような人は、不要です。

また、取引先から理不尽な依頼を出されたり、急な転勤、異動、残業、休日出勤などを言い渡されることがあります。

そういった時でも、文句を言わずに黙って指示に従ってくれる人を会社は求めています。

だからといって、会社の指示に従うだけのイエスマンでは不十分です。

会社の指示に従うのは大前提として、さらに主体的に意見を発したり、アイディアを出してくれる人が会社にとってはベストな人材なのです。

つまりは前述した、企業の指示に黙って従い、文句を言わず働き、さらに頭を使い新しいアイディアを提案してくれる人ということです。

企業からすれば社員は道具

企業からすると社員は金を稼ぐための道具です。

福利厚生を充実させたり、給料を与えたりするのは、優秀な道具が外の会社に逃げないようにするためです。

「社員を大切にする会社」「社員は家族」といったスローガンを上げる会社もあり、実際、そのように社員を扱う会社もあるかもしれません。

しかし基本的に、会社にとって社員は道具です。指示に従わない社員、使えない社員はいらないのです。

「気に入らないことを指示されても、それを前向きに捉えることができる」人間であることをアピールする

会社がほしいのは黙って指示に従ってくれ、されに自分で物事を考えて、会社の利益のための自発的に動いてくれる、

そんな都合の良い人材です。

これを踏まえて面接ではどんなアピールが効果的なのか?

大切なのは、

気に入らないことを指示されても、それを前向きに捉えることができる

そんな人間であることをアピールすることです。

休日出勤や転勤、つまらない仕事、きつい仕事など、会社では気に入らないことを指示されます。

そういった時でも物事を前向きに捉えた上で、仕事に取り組める力があることをアピールできれば、評価が上がることは間違いないでしょう。

例えば、「転勤の可能性がありますが大丈夫ですか?」と質問された時、

「大丈夫です。旅行が趣味であり、どの地域に行っても各地域の食べ物や気候、人柄の違いなどを楽しむことができます。転勤を命じられても仕事に支障をきたすことはないと思います」

といったように、転勤という会社からの一方的な命令に対しても、肯定的に対応できることをアピールするのです。

このようにアピールすることで面接官は、「気に入らないことがあっても、頑張ってくれそうだ」という印象を持ってくれます。

さっさと就活を終わらせたい…就活をはやく終わらせる3つの方法
「つらい」「面倒」「こんな就活さっさと終わらせたい!」大量のESに履歴書。毎回行う面接対策。バイトも卒論もあるのに、いつまで就活なんてやってられない。できればこんな就活、早く終わらせたい。そんな要望...
早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

就活論
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました