スポンサーリンク

【企業の本当の姿を知る】企業の採用ホームページで見るべき3つこと


企業ホームページ、採用ホームページには、その企業の様々情報が掲載されており、その企業を調べるのにとても役立ちます。

しかし、ただ何となく眺めていたのでは、その企業の本当に姿は見えてきません。

なぜなら、企業の採用ホームページには、その企業のポジティブな情報しか記載されていないからです。

企業の本当の姿を探るためには、ホームページに書かれていることの裏の事情を知る必要があります。

では、どんなことに注意してホームページを見ればいいのか?

ここでは企業ホームページ(採用ホームページ)を見る際のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

企業ホームページの3つのチェックポイント

ホームページが簡素、手抜きではないか?

企業ホームページは、顧客を獲得するための入り口となる場です。

例えば、ある企業が自社の商品の広告をネットに出したいという場合、広告を配信してくれる企業を比較します。

その際、当然、各企業のホームページを閲覧し、どんな特徴があるのかを調べます。しかしホームページが簡素で、情報が少なかったり、見づらかったりする場合、その企業を候補から外すでしょう。

集客をネット以外で行っている企業だったとしても、企業ホームページは顧客と接点を持つための重要な場です。

その重要なホームページが簡素であるということは、単にやる気がない企業か、ネットからの顧客獲得を甘く見ている企業であると考えられます。

ネットでの情報収集が一般的となった今、ネットからの顧客獲得を甘く見る企業は今後成長していけるのか疑問です。

ホームページが見づらい、スマートフォン用のページを用意してない、極端に情報が少ないなど明らかに手を抜いているとみられる企業は注意しましょう。

会社名、業務内容の何度も変えていないか?

企業のホームページの沿革を確認して、会社名、業務内容を頻繁に変えている企業には注意しましょう。

マーケティング戦略の一環として会社名を変更する企業はあります。また合同や買収などで、企業名が一回、二回変更する場合もあるでしょう。

しかし何度も何度も会社名、業態を変更している場合は、何か後ろめたい事情があったからという可能性があります。

例えば、悪い評判がついたから社名を変更している、という理由が考えられます。

しかし本来であれば、社名を変えるのでなく、労働環境や商品・サービスの質を良くして、悪評を払拭するべきです。社名を変えるという短絡的な手段を取るのは企業としていかがなものかと思います。

その他、違法なビジネスを手掛けている可能性も考えられます。頻繁に会社名、業態を変えている会社には注意しましょう。

業務内容が「○○コンサルタント」など横文字になっていないか?

採用ホームページや募集要項などの業務内容で、「提案コンサルタント」「○○マーケティング」など、かっこいい横文字が書かれていたら注意しましょう。

採用ホームページでは応募者を募るために、単なる営業を「コンサルティング」や「マネジャー」「マーケター」など、響きの良い横文字でごまかすことがあります。

レベルの高い仕事を任されてもらえると思って入社すると、実際は電話、飛び込みばかりの地味な営業だった、ということがあるのです。

もちろん横文字を使っているからといってブラック企業ということではありません。しかし、横文字を使っている場合は、具体的な仕事内容や商材をしっかりチェックし、入社後に「思っていた仕事と違った」とならないように注意しましょう。

特に「コンサルティング」という仕事は就職サイトにあふれかえっています。単なる営業である場合がほとんどです。

ホームページの情報だけで判断しない・鵜呑みにしない

手っ取り早く企業情報を入手できるのですが、企業ホームページはあくまで企業PRのためのメディアです。

そのため例えばブラック企業だったとしても「サービス残業があります」「基本的に休みはありません」などというネガティブな情報を公開することはないのです。

また社員のインタビューで紹介されている社員も一部のエリート社員なので、その他大勢の一般的な社員の姿は分からないのです。

記載されているインタビューの内容も、本人が実際に話したわけではなく、人事部がねつ造している可能もあります。社員インタビューですら100%信頼できないのです。

このように企業ホームページには、ポジティブな情報しか掲載されていないので、それだけで企業のすべてを理解できるわけではありません。

すべてを鵜呑みのするのではなく、OB・OG訪問や会社説明会など、他のルートでもしっかり情報を得るようにしましょう。

隅々までチェックする

企業ホームページには、事業内容、企業理念、今後の目標、沿革、人材に対する考え方、研修制度、求める人物像、企業によっては、社員のインタビュー、社長ブログなどを掲載しています。効率的に企業の情報を得られる便利なメディアです。

新卒採用が解禁される時期には、ホームページが頻繁に更新されることもあるので、志望企業のホームページは小まめにチェックしておくべきです。

また、企業によっては面接時に、社長の名前、役員の名前、事業所の数、その他ホームページにしか記載されていない情報に関する質問をされる場合があるので、隅々までチェックしておきましょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

業界・企業研究
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました