スポンサーリンク

面接質問「結婚・出産後も仕事を続けられますか?」と聞かれた時の回答ポイント/質問の意図

面接
「結婚後も仕事を続けられますか?」
「出産後も仕事を続ける気はありますか?」

このような女性の就活生に対して、聞かれる場合があります。

セクハラ? 男女差別? とも受け取れるような質問ですが、聞かれている以上、相手が納得できるような回答をする必要があります。

ではどのように回答するべきなのでしょうか?

本記事の概要

  • 「長く働きたい!」と自信を持って答える
  • 「結婚後も仕事を続けられるか?」を聞く会社は、女性に優しくない可能性も
  • 「結婚後も仕事を続けられるか?」を聞かれたら企業を調査をする
スポンサーリンク

「長く働きたい!」と答えるのがベスト

正直、結婚、出産の後のことなど今は分かりません。

だからといって「その質問には回答できません」と率直に回答してしまうと、難しい質問に回答できない人という印象を与えてしまいます。

ベストな回答は、

「御社では長く働きたいと思っています。結婚しても、出産しても働きたいです」

と、長く働く意思があることを伝えることです。

長く働いてくれる女性が増えれば、企業のイメージも良くなりますので、どの企業も女性に長く働いてほしいと考えています。

「結婚、出産後も働くつもりです!」と自信を持って言ってあげれば、企業側も安心してくれるでしょう。

会社選びは慎重に

いくら結婚、出産後も仕事を続けたいと思っていても、会社の制度が不十分で続けられない可能性もあります。

産休や育休を取得できなければ、とても出産などしているひまはありません。

仕事が忙しければ、結婚すらできないかもしれません。

自分の意思がどうであれ、企業の体制が整っていなければ結婚も出産も夢の話かもしれないのです。

そのため女性は、企業選びに慎重にならなければいけません。福利厚生だけでなく、女性の働きやすさ、女性社員の数、女性社員の平均年齢など、こまかくチェックしておくべきです。

「結婚後も仕事を続けられますか?」と聞く企業は女性に優しくない可能性がある

そもそもの話、「結婚後も仕事を続けられますか?」と質問するのは、結婚や出産で辞める女性社員が多いからかもしれません。

結婚、出産後も仕事を続ける人が多いのであれば、
結婚、出産後も安心して働けるのであれば、

採用前に「結婚後も仕事を続けられますか?」などと質問する必要もないのですから。

つまり、「結婚後も仕事を続けられますか?」という質問をする会社は、女性が働きづらい会社である可能性が高いとも言えるのです。

もちろん、優秀だから長く働いていもらいたい、という思いからの質問かもしれませんので、断定はできません。

面接で結婚後、出産後のことを質問された場合は、OG訪問をしたり、育休・産休の取得実績を調べたり、30代・40代の女性社員の数を調べたり、入念に企業調査をするようにしましょう。

回答例

その時の状況にもよりますが、親や夫(妻)など周囲の協力を借りるなどして、できるだけ仕事と家庭、育児を両立できるような環境を作り、仕事を続けるつもりです。
早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました