スポンサーリンク

筆記試験の種類とその概要をまとめて解説(SPI/CAB/GAB/玉手箱など)

勉強 試験 筆記試験
面接やエントリーシート以外で学生に能力、資質を測る方法として筆記試験があります。新卒採用を行う多くの企業が実施しているものであり、就活を進める上で避けては通れないものです。

ただし、たいていの企業は、SPIやCABなど決まった形式の試験を実施します。対策本も多数出版されています。

ここでは就活で実施される筆記試験の種類(SPIなど)をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

一般常識試験と適性検査は別物

筆記試験といっても、一般常識試験と適性検査の二種類があります。どちらも似たような問題が出題されることがあるので、混同しがちです両者は別物です。

またどちらか一方しか実施しない企業、両方実施する企業など、企業によって内容は異なりますので、どちらか一方の対策をすればいいわけではありません。

ちなみに、SPI、CAB、GABなどの有名な試験は「適性検査」です。

一般常識試験とは?

中・高レベルの国語、数学、社内などから出題されるテストで、基礎学力や社会への関心度を測る試験です。

また新聞やニュースなどの世の中の流れに興味があるか、普段から情報収集しているかを選択問題や論策文、時事問題として問うものです。

テストの内容は企業が独自に作成しているか、外部が作ったテストの場合があります。毎年同じ問題を使いまわしている場合もあるので、過去問があるならチェックしておくべきです。

適性検査

適性検査として代表的なのは、SPI、CAB、GABなどです。

「能力検査」と「性格検査」の二つがあり、「能力検査」は国語、英語、数学などの学力を調べるものです。「性格検査」は性格面の適性を調べるものです。

筆記試験の書類

代表的なのは

  • SPI
  • GAB・CAB
  • 玉手箱

この3つの試験の概要に加え、一般常識試験について解説します。

SPI

リクルートキャリアが運営する最も有名な総合適性検査です。SPI2やSPI3などとありますが、数字は単なるバージョンです。以前は2を実施する企業があったり、3を実施する企業があり、またそれぞれ出題形式が異なるので、別々の対策が必要でした。

しかし2015年以降、すべてのSPIが「SPI3」形式で実施されています。つまりSPI3の対策だけでいいのです。

出題内容

能力検査と性格検査で構成されています。

能力検査には、以下の2種類があります。

【能力検査】
・言語(国語にあたり、二語の関係、熟語の意味、文法、長文などが出題される)

・非言語(数学あたり、金銭の計算、速さ、確率、組み合わせ、推論、計算力と論理的思考力など出題される)

性格検査は、心理テストのようなものなので、特に対策の必要はないでしょう。

3つの受験方式

SPIには以下の3つの受験方式があります。

  • ペーパーテスト
  • WEBテスト
  • テストセンター

ペーパーテストはマークシート方式のもので、面接の前や説明会の後に受けることになります。

WEBテストや自宅や学校のPCから受験できるもので、多くの企業がこの方式を採用しています。

テストセンターは、「テストセンター」と呼ばれる会場に出向いて、会場のPCでSPIを受験する形式です。テストセンターの場合は替え玉受験が不可能なので、しっかり対策しておく必要があります。またペーパーテストと違って、前の問題の戻れない出題量が把握しづらいなどがあるので、しっかり対策をしておくべきです。

玉手箱

多くの企業で取り入れられているSHL社の適性診断です。自宅のPC、大学のPCなど、PCがあれば受験できるWEBテストです。

玉手箱は能力診断と性格診断があります。

科目は「言語」「計数」「英語」と「性格」「意欲」の5つがあり、企業によって様々な組み合わせで出題されます。例えば、「性格」「意欲」のテストだけを実施する企業もあれば、すべて実施する企業もあるということです。

対策はもちろん必須ですが、替え玉受験も容易にできるものです。友人ネットワークを利用できる方はそれに頼るのも一つの手です。

玉手箱はGAB形式の問題も取り入れているので、玉手箱の対策をしておくとGABの対策にもなります。どうせならしっかり対策しておき、自力で受験した方がいいでしょう。

GAB・CAB

前述の玉手箱を提供するSHL社の適性診断です。ペーパーテストであるため企業から指定された試験会場で受験することになります。説明会の後や一次面接の前に実施されるのが一般的です。

GAB・CABはリクルートキャリア運営のSPI3の次に多く採用されているテストです。一度は問題集に目を通しておくべきです。

GABは、総合適性検査で、商社、証券会社、シンクタンクなどで多く使われています。長文を読んで設問を論理的に正しいかどうか判断する問題、表の数値を読み取って計算する問題、性格検査で構成されています。

CABは、法則性や暗号の読解問題、暗算、命令記号によって図形を変形させる問題が出題されます。主にコンピューター職の適性検査であり、IT業界やその他の多くの業界で利用されています。CABはWEB版もあるので必ずしもペーパーテストとは限りません。

一般常識試験

時事問題や国語、数学、社会などの学力図る筆記試験やテーマに対して自分の考えを述べる小論文などがあります。

マークシートではなく、記述方式が一般的です。

国語、社会などの科目は、知識を問うものであり、知らないと解けない問題が出ます。一冊は本を購入して勉強しておくべきです。また日頃から時事問題に関心を持っておくことも大切です。

筆記試験対策は必要か?

筆記試験のほとんどは能力を問うものです。そのため対策をしても無駄と考えてしまう人がいます。

しかし、対策をするのとしないのとでは、大きな差が出ます。やはり事前に問題を解いておくことで、問題の解き方や考え方を知ることができます。本番で同じ問題が出た時にスムーズに回答できるようになるのです。

筆記試験でつまずきたくなければ、絶対に対策をしておくべきです。

2~3冊は問題集を購入して対策する

すべてのテストの対策をするのは大変です。しかし結局どのテストも人間の基本的な能力を測るために作成されたものです。出題される問題は似たようなものです。

すべてのテストの対策に全力をつぎ込むよりも、2~3冊は問題集を購入して、まんべんなく対策をしておけば問題ないでしょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

筆記試験対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました