スポンサーリンク

ESで「学生時代に力を入れたこと」を記載する時のポイント・例文

エントリーシート 応募書類
ESでは必ずといっていいほど「学生時代に力を入れたこと」の記載を求められます。

しかし、「どんなことを書けばいいのか分からない?」「どうやって書けばいいのか分からないと」と悩んでいる人もいると思います。

ここでは、「学生時代に力を入れたこと」から企業は学生に何を見ているのか、どんなことに注意して書けばいいのかについて解説します。

この記事を読めば、具体的にどんなエピソードをESに書けばいいのかが明確になるはずです。

さらに「学生時代に力を入れたこと」を完成させるための具体的な手順についても解説します。

スポンサーリンク

「学生時代に力を入れたこと」から、企業は何を見ているのか?

就活をする女性
学生時代に力を入れたことを通しして企業は学生の主体性を判断しようとしています。

主体性とは、自分の意志や判断で行動しようとする力のことです。

企業は自分で何も考えず、ただ与えられた仕事をこなすだけの人は求めていません。自分で目標を設定し、実行、反省し、勝手に成長していく人を求めています。

主体性をアピールすることがポイント

「学生時代に力を入れたこと」では、「いかに主体性をアピールできるか?」が重要。

記載するべきエピソードは、当然、主体的に動いたエピソードを選ぶべきです。

また「主体性をアピールできるエピソードなんてない」と思う方もいると思いますが、エピソードは大規模なもの、立派なものでなくても問題ありません。

「サークルの雰囲気を良くしようと努力したこと」
「バイトの接客を工夫したこと」
「自分の性格的弱点を克服しようとしたこと」
「性格の合わない人とのコミュニケーションを頑張ったこと」

上記のように、どんな些細なエピソードでも問題ありません。

大切なのは、自分の意志を持って取り組んだかどうか。そこからどんなことを学んだのか、反省したか、です。

結局、企業が見ているのはエピソードの優劣、大小ではなく、その人に主体性があるか、結果を分析して反省できるか、といった資質の部分です。些細なエピソードでも主体的に取り組んだことであれば、企業は評価してくれます。

「学生時代に力を入れたこと」を作成する手順

  1. まずは「何を頑張ったのか?」結論を書く
  2. なぜそれに取り組もうと思ったのか、その動機を書く
  3. 特に力を入れたシーンや事実を書く
  4. 結果や反省点、今後の抱負を書く

上記の手順で書くと「学生時代に力を入れたこと」は完成します。

4つの要素を100字ずつ書くとちょうど400字になります。

まずは「何を頑張ったのか?」結論を書く

「○○したこと」「○○の目標を達成した」など具体的に何をし、何を成し遂げたのかを一読して分かるように冒頭に記載します。

最初に結論を書くことで内容の全体像を読む側が把握できるようになり、読む負担を軽減させるという配慮ができます。

そして「先を読んでもいいかな」と思わせることができます。

なぜそれに取り組もうと思ったのか、その動機を書く

「サークルのメンバーを増やし、サークルを盛り上げたかったから」「人前でうまく話せない自分を変えたかったから」など、なぜそれに取り組もうと思ったのかを記載します。

自分の思いや思念が伝わるように書くと、読む側の印象に残りやすくなります。

特に力を入れたシーンや事実を書く

特に力を入れたシーンや事実を記載します。何人で取り組んだのか、どれぐらいの時間・期間頑張ったのか、どれぐらい困難だったのか、など具体的に書き、読み手がイメージできるように書くのがポイントです。

また「1ヶ月」「50人」「30万円」など数字で表せるものは数字で記載します。具体性が増し、印象に残りやすくなります。

結果や反省点、今後の抱負を書く

最後に結果を記載します。良い結果ではなくても、そこから学んだこと、現在に活かせていること、反省点や今後の抱負などを記載します。

ここまで記載すれば、主体的に行動できること、PCDAサイクルを回した行動ができることを十分にアピールできます。

「学生時代に力を入れたこと」の例文

生活費を稼ぐために、居酒屋でアルバイトをしていました。

駅から少し離れた場所にある居酒屋であったためお客さんを呼び込むために、駅前で運営する系列の居酒屋から許可をもらい、飲んでいるお客さんに、二次会で使ってもらえないか宣伝する仕事をしました。

お客さんに「迷惑だ!」と怒鳴れらることもありましたが、二次会で使ってもらうためにはどうしたらいいか、何を伝えればいいか、知恵を絞りました。

その結果、多少なりとも提案力が身についたと思っています。就職してからこの能力を活かせたらと考えています。

「通過したESの実例」を閲覧できるサイト「就活ノート」とは?

就活ノート

「どんなESが通過するのか知りたい」
「実際に通過したESをみたい」
「ESの設問をチェックしたい」

そんな方におすすめのが「就活ノート」というサイトです。

「就活ノート」は、就活ノウハウや、就活生作成した就活情報、就活レポートを閲覧できるサイトです。

「就活ノート」では、「通過エントリーシート実例」というコンテンツがあり、

ここでは1,000社以上の、「ESの内容」と「実際に書類通過をしたエントリーシートの回答内容」が閲覧できます。

志望企業の、過去の通過ESを閲覧できる場合もあるので、必ず一度はチェックしておくべきです。

公式サイト:就活ノート

他にも、就活生が作成した「選考情報・体験談」や面接対策情報など、就活で役立つ情報が満載です。

ES作成が面倒な方へ

就活うまくいかなくて悩む

「ESの書くの大変」
「何を書いたらいいのか全然にわからない」

という方は、プロの就活アドバイザーがESを添削をしてくれる、エージェントというサービスがおすすめです。

たとえば「キャリアチケット」のようなエージェントを使うと、「そのエピソードは良くない」とか、「もっと〇〇のエピソードをアピールしたほうがいい」など、具体的なアドバイスをもらえます。

さらにエージェントは、企業に推薦状を提出してくれることも。

ESに悩んでいるなら、てっとり早くエージェントを活用して、就活を効率よく進めましょう。

※プロのサポートがあるエージェント

  • キャリアチケット:ESの添削、面接対策から、企業への推薦などあらゆるサポートを受けられる。完全無料。
  • JobSpring:早期内定も可能なエージェント。完全無料。

また企業に推薦してもらえる場合もあるので、就活を有利に進められます。

以下のページでは就職エージェントについて具体的に解説しているので、興味がある方はご一読いただければと思います。

ES添削、面接アドバイス、企業推薦などプロのサポートを無料で受けられる「就職エージェント」とは?
「就活を熟知したプロに相談したい」「プロからアドバイスをもらいたい」そんな就活生におすすめなのが「就職エージェント」と呼ばれる就活サービスです。たとえば、「」や「」が就職エージェントになります。就職エージェントとはいったい...
早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

ES(エントリーシート)の書き方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました