スポンサーリンク

なぜ学歴フィルターがあるのか? 学歴フィルターが存在する理由について

就活をする女性
就活に学歴は関係があるのか?

つまり企業は学生の学歴を見て採否を決めることがあるのか? ということです。

結論から言えば、就活に学歴は関係あります。100%学歴だけで採否を決めるわけではりませんが、学歴によって不利になったり有利にあったりすることはあります。

例えば、「指定した大学の学生からのエントリーシートは無条件で通す」としている企業もあるのです。

では、
三流大学の人の就活はうまくいかないのか?
志望企業はあきらめた方がいいのか?
そもそも企業はなぜ学歴を見るのか?

について解説します。

スポンサーリンク

なぜ学歴フィルターがあるのか?


学歴フィルターが存在する理由、それは、学歴でフィルタリングするほうが、効率的だからです。

有名企業ともなると、数万人規模の学生がエントリーしてきます。送られてくるエントリーシートに一つ一つ目を通していれば、とても時間が足りません。

企業にとって未来を担う人材の採用はとても重要です。しかし業務の一つである以上、効率的に行う必要があります。

偏差値の高い大学には優秀な学生が多い

採用する側は、優秀な学生の出現率は偏差値に比例すると、経験から実感しています。やはりFラン大学よりも、上位の大学の方が優秀な人が多いと感じているわけです。

そこで、一定以上の大学の学生からのエントリーシートは無条件で通過させる、といった方法でエントリーシートを読む手間を省き、効率化しているのです。

「読まないで採否を決めるなんてとんでもない」と思うかもしれませんが、人事の事情を考えれば仕方がないことです。

すべてのESをチェックしている時間はない

新卒採用は期限が決まっています。一つ一つエントリーシートを読んでいれば当然、間に合いません。自宅に持ち帰って徹夜でエントリーシートを読むなんて到底できません。

またエントリーシートを読むのに時間が割かれて、面接ができない、内定者を出せないなど、仕事が滞れば、会社のトップからとがめられます。

新卒採用を行う人事部の事情を考えれば、効率化のために学歴でフィルターをかけるのは納得できることです。

あなたが人事部の人間でも同じことをするでしょう。

Fラン大学、三流大学でもチャンスはある


Fラン大学、三流大学だからといって、いきたい企業、業界をあきらめる必要はありません。

企業が求めているのは、自社に貢献してくれる優秀な人材です。どこの大学に所属していようと、優秀な人が欲しいのです。逆にハーバード大の学生でも、自社に貢献してくれなさそうであれば、不採用になるでしょう。

ほとんどの企業は大学がどこでも、優秀であれば採用してくれます。Fラン大学、三流大学でも十分にチャンスはあるのです。

逆に「優秀だけど大学の偏差値が……」といった理由で優秀な人を不採用にする企業があるとしたら、「落とされてよかった」と思いましょう。

その人が本当に優秀かどうか判断しないで、「学歴だけで人を判断するような視野の狭い企業」ということです。そんな企業はグローバル化のなかで生きていくことができません。

不採用になって正解です。

文句を言っている暇があったら自分を磨け


就活に学歴は関係あります。だからといって大学を今から変えるのも現実的ではありません。また、そもそも大学は自分で選んだものでもあります。

企業が学歴を見ていることに対して、文句を言ったり嘆いたりしたところで、現実は何も変わりません。

そんな暇があるなら、企業研究をしたり、アピールできるエピソードを作るために何か活動をしたり、自己啓発をしたりした、自分を磨くことに時間を使うべきです。

学歴がなくても、いきたい企業にいけなくても、お金持ちになる方法、地位を手に入れる、やりがいのある仕事に就く方法はいくらでもあります。幸せな人生をつかむ方法はいくらでもあります。

また一社目がどうであれ、転職するチャンスはいくらでもあります。一社目で切磋琢磨し、スキルや実績を身につければ学歴など関係なく有名企業が採用してくれるでしょう。

変えられないものに文句をいったり、嘆いたりするのは時間の無駄でしかありません。その時間・エネルギーを、自分を磨くことに使いましょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

就活論
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました