スポンサーリンク

就活における「服装自由」「あなたらしい服装で」はどんな服装がいいのか?

就活サイトを見る男性
説明会やセミナー、面接で

「服装自由」「あなたらしい服装でお越しください」

という場合はどんな服装でいけばいいのか、とても迷いますよね。

結論からいうなら、会社の人と会う時はスーツを着ていくのが無難です。

「スーツ厳禁」などと指示されていない限りは、スーツを着ておけば間違いありませんし、余計なリスクを負うこともありません。

スポンサーリンク

スーツをどれぐらい着なれているかを見ている

面接官から服装から見ているのは、志望者の個性ではない。

志望者が、「普段スーツをどれぐらい着なれているか」を見ている。

※「面接の達人2019 バイブル版 (MENTATSU)

説明会や面接の案内に、「あなたらしい服装でお越しください」と記載されていれば、「服装から応募者の個性や人柄を判断しようとしているのでは?」と考えてしまいます。

しかし実際はそうではなく、採用側は単にスーツを着なれているかどうかを見たいだけなのです。

例えば、いかにも買いたてのスーツを着ていたり、ネクタイの結びがぎこちなかったりすれば、「あまり就活には積極的でないのかもしれない」と判断できます。

逆に、スーツを着なれている様子をうかがえれば、「早い時期から就活をしている積極的な人」「普段から社会人の接する機会がある」といった判断ができます。

スーツを着ておけば失敗がない


また、「服装自由」「あなたらしい服装でお越しください」などと書いている場合、スーツ以外を着ていくのはリスクがあります。

派手な私服を着ていけば、それこそ個性を表現できますが、その個性が会社に合わないと判断されてしまう恐れがあります。

周りが全員スーツであれば、自分だけ浮いてしまいます。

印象に残るという意味では、効果的かもしれませんが、「和を乱す人」「協調性がない」などの悪い印象を与えるリスクもあります。

そういった意味でも、リクルートスーツを着ておくのが無難であり、失敗がありません。

会社の人と会う時は、それが説明会でも面談でもセミナーでも、面接はもちろんのこと、リクルートスーツを着て臨むようにしましょう。

個性は話す内容で表現すればいい

服装や髪型で個性を表現するのも一つの手ですが、リスクがあります。

無理に外見で個性を出す必要はありません。志望動機や自己PRなど、話す内容で個性を表現できれば十分です。

個性的な外見を考える時間があったら、個性的な自己PRを考えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました