スポンサーリンク

人気企業はESを読んでいないってホント? 人気企業のESの取り扱いについて


どの企業を受けるにしても、エントリーシートを提出しないといけません。

しかしすべての企業がエントリーシートに目を通しているわけではないのです。

実は人気企業のほとんどが、エントリーシートはほとんど読まず、学歴フィルタリングのためだけにエントリーシートを課しているそうなのです。

スポンサーリンク

人気企業のほとんどはエントリーシートを読まない

学生から送られてきたエントリーシートには、以下の3通りの対処の仕方がありました。

  • ほとんど読まない
  • さらっと目を通す
  • きちんとしっかり目を通す

※「なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?: 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる」より

エントリーシートの提出を課しているにもかかわらず、それをまったく読まない企業が存在するのです。しかもそういった企業はエントリーシートを学歴フィルターのために利用しています。

わざわざエントリーシートを課しているのは、大学を指定してしまうとイメージが悪いからです。

一応、だれでも応募でき、だれでも採用される可能性があるように見せるために、だれでもエントリーシートを提出できるようにしているのです。

「ほとんど読まず、学歴で落としたことをそう見せない」ためにエントリーシートを課している企業は、どれぐらい存在するでしょうか。

悲しいことに(あくまでも私見ですが)大手企業の大半は、この利用法をしていると思われます。

※「なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?: 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる」より

驚くべきことに、大手のほとんどはエントリーシートの内容は見ていないのです。

人気企業がエントリーシートを読まないのは当たり前

人気企業ともなれば、1万人を超える学生がエントリーしてきます。

1万を超えるエントリーシートを採用期間中に、他の業務もあるなかで、隅から隅まで読むのは不可能な話です。

しかも、エントリーしてくる学生のなかには、お試し受験のような感覚の人もいます。企業研究もまったくせず、志望度も高くないにもかかわらず、有名企業だからということで、エントリーする人がかなり存在します。

そんなお試し受験の学生のエントリーを読むなど、時間の無駄です。

採用の効率を考えれば、学歴フィルターのためだけにエントリーシートを課す企業があるのは当然といえば当然なのです。

人気度中レベルの企業は、ちゃんとしたESを出せば通る可能性大

「エントリーシートはさらっと目を通して大方通す」という企業もあります。

たとえば、超人気企業ほど応募は集まらないけど、1000人ぐらいの応募は集まるような人気度中レベルの企業です。

このような企業は、エントリーシートの体裁や設問に対してしっかり回答できているか、誤字脱字はないか、マニュアル丸写しではないか、といったことをさらっ確認して、問題なければ通過にします。

また、応募者の本気度を見るために、ややこしいエントリーシートを課す企業もあります。

コピペでは対応できないような、面倒な設問・課題を設定し、それでも応募してくれるかどうかで、本気度を測るのです。

設定した設問・課題に回答していれば、内容はどうであれ通過にします。

このように、人気度中レベルの企業のなかには、エントリーシートをしっかり書いて提出してくれれば、内容はどうであれ、通過にしてくれる企業があります。

ちゃんとしたESを出せば通る可能性大なので、就活を効率的に進めるなら、人気度中レベルの企業だけ狙うのもありでしょう。

エントリーシートをしっかり読んで内容を精査する企業もある

学歴フィルタリングのためにエントリーシートを課している企業もあります。

一方で、学歴に関係なく、エントリーシートをしっかり読んで、その内容の良し悪しで通過を決める企業もあります。

たとえば、応募者の少ない中小企業、ベンチャー企業などは、学歴に関係なく、応募者一人ひとりをしっかり判断します。

というより応募者が少ないので、学歴でフィルタリングしている余裕はありません。

人気企業のなかにもエントリーシートをしっかり読む企業はある

応募者の多い人気企業の多くは、学歴フィルターのためにエントリーシートを課しています。

しかし、人気企業でもエントリーシートをしっかり読んでいる企業があります。

たとえば、真面目な社風で、エントリーシートを読まずに捨てるなんてできない企業、採用が切実な問題で社内のだれもが協力的になってエントリーシートを読む企業、などです。

そのほか評価基準を明確にして、採用担当者だけでなく、どの社員が読んでも同じ採用基準になるようにすることで、採用活動を効率化している企業もあります。

そういった企業であれば、大量のエントリーシートを社員総出で読むことができます。

無駄な労力を使いたくないなら人気企業は受けない

エントリーシートをちゃんと読まない企業は受けたくない、無駄な労力を使いたくない、という方は人気企業を受けないようなしましょう。

エントリーシートを読まずに、学歴フィルターのために使うのは、応募者が殺到する企業だけです。

応募者が少ない企業であれば、しっかりエントリーシートの内容を読んで、通過かどうかを判断してくれます。

また、 MeetsCompany では、内定直結のイベントを行っており、楽に就活を進めることもできます。

就職サポートも受けられるので、就活を効率的に進めるなら、このような就活サービスを使うのもいいでしょう。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

就活論
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました