スポンサーリンク

ES(エントリーシート)で赤ペン、青ペンなど色を使ってもいいのか?

エントリーシート 応募書類


エントリーシートで重要な部分や特に読んでもらいたい部分を赤ペン、青ペンなどで色を使って書いてもいいのか?

カラフルなエントリーシートを提出してもいいのか、アピールに効果的なのか?

結論からいえば、エントリーシートに、色を使うべきではありません。

というより色を使っても意味はありません。当然、アピールにもなりません。

その理由は2つ。

  • 企業は送られてきたエントリーシートを白黒コピーしてから読むから
  • 「中身がないことを色で隠している」と疑われるから
スポンサーリンク

企業は送られてきたエントリーシートを白黒コピーしてから読む

面接官

エントリーシートは合否が決まるまで、使われるものです。

採用側は、エントリーシートを読んで合否を決める時、面接の時にエントリーシートにメモやコメントを記入します。

複数の採用担当者が読むエントリーシートです。他人のメモが記入してあったら読みづらくて仕方がありません。

また万一、エントリーシートが、汚れたり、紛失したりして読めなくなるのは困ります。

ですから学生が送られてたきたエントリーシートを、採用担当者は必ずコピーします。誰のメモ・コメントが記入されていない、送られてきたままのエントリーシートをコピーしたものを、採用担当者、面接担当社に配るのです。

企業側がエントリーシートをコピーする時は、基本的に白黒です。赤文字、青文字で書いても、すべて黒文字になってしまってしまうわけです。

ご存知の通り、コピーするならカラーよりも、白黒の方が安価。

赤文字や青文字を使ったカラフルなエントリーシートだからといって、カラーコピーをすることはありません。

1枚のエントリーシートを何回もコピーするのですから、毎回カラーコピーしていては、経費がバカになりません。

手間暇かけてカラフルなエントリーシートを作成しても、読まれる時は白黒です。カラフルなエントリーシートに意味はないのです。

エントリーシートのみならず、履歴書も同様です。

「中身がないことを色で隠している」と疑われる

実際に、カラフルにデコレーションしている人で中身がちゃんとしている人は1人もいない。

面接官は何万人も見ているので、そんなことはみんな知っている。

中身がないことをデコレーションでごまかしているだけだ。

デコレーションは目立たない。勘違いしてデコレーションする人は大勢いるので、その中に埋もれてしまう。

※「面接の達人2019 バイブル版 (MENTATSU)」より

上記の就活ノウハウ本で解説されているように、毎年多くの学生が色付きのエントリーシートを提出しています。

なぜ、色付きのエントリーシートを提出するのか?

それは中身がないことを色で補うためです。

エントリーシートの中身で他の学生と差別化することができない。だから色を付け、ビジュアルで他の学生と差別化しようとするのです。

しかし、同じ考えの学生がいるので、結局、差別化はできません。

それどころか、「中身で他の学生と差別化することができないから色を使おう」という心理をアピールしてしまっているのです。

色を使っている暇があったら、「いかに文章で自分をアピールできるか?」を徹底的に追及する方が、近道だということです。

※ ES作成につまずいている方へ

ESの添削をしてもらえるサービスはこちら
キャリアチケット

内定者のESを閲覧できるサイトはこちら
就活ノート

これを読まずにESを作ってはいけない!ES作成に必読の一冊

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

ES(エントリーシート)の書き方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました