スポンサーリンク

今からでも間に合う!ESのアピール度が増す4つのテクニック

エントリーシート 応募書類
ちょっとした工夫をするだけで、ESのアピール度は大きく変わります。

ここではしっかり読んでもらえる、説得力のあるエントリーシートを完成させるための4つのテクニックを紹介します。

どれも今すぐに実行できる簡単なテクニックですので、エントリーシート提出を控えている方は参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

1行目を工夫して「続きを読みたい」と思わせる

採用担当者は、何千枚ものエントリーシートに目を通さなければいけません。すべてのエントリーシートをしっかり読むのではなく、斜め読みして印象に残ったエントリーシートはしっかり読む、という流れで合否を決めていきます。

何千枚ものエントリーシートがあるなかで、しっかり読んでもらうためには、最初の1行で「続きを読みたい」と思わせることが大切です。

例えば、「学生時代頑張ったこと」の設問で、以下の二つを比べてみてください。

A:学生時代に頑張ったことはアルバイトです。
B:営業代行会社で6か月間のアルバイト経験。

AとBであれば、Bの書き出しの方が全体像をイメージでき、「続きを読んでもいいかな」と思えます。

このように1行目を少し工夫するだけで、エントリーシート全体の印象は大きく変わります。

ですます調で始めるのではなく、タイトルをつけるイメージで1行目を書くのがポイントです。

以下に具体例をいくつか記載します。

「学生時代頑張ったこと」の設問でサークルについて書く場合の書き出しの例

×:学生時代に頑張ったことはサークル活動です。
○:メンバーで協力し、100サークルの頂点を勝ち取る。
○:サークルの運営方針変更を行った。
○:サークルの合宿責任者として企画・運営を行う。参加率が過去最高に。

数字を使って具体性をアップさせる

「満足度の高いイベントだった」

よりも
「アンケートを行った結果、90%の人が満足度と回答してくれた」

といったように、具体的な数字を記載する方が分かりやすくなります。また、エピソードの信憑性も上がります。

他にも、金額、人数、年数、日数など数字で表現できるものは数字を使うようにしましょう。

数字を使う場面の例
「5年間、誰も成し遂げなかった成果を出した」
「2年間、1日も休みまずに……」
「1日、3時間の……」
「10万円の目標に対して、30万円を……」
「1000回にも及ぶ……」

他者からの評価、他者からもらった言葉を書いて説得力をアップさせる

「きみのおかげで売り上げ目標を達成できた、と店長に言ってもらえた」
「人が求めていることを把握する能力がある、とゼミの先生に言われた」
「どんな時でも冷静だ、と周りの人からよく言われる」

このように自分の成果や能力、性格をアピールする場合、他者からの評価を書くと説得力が増します。

特に長所のような性格を伝える場合は、「私は○○だ」と勝手に語るよりも、第三者の視点を入れる方が、読む側も納得できます。

エピソードが偏らないように注意し、ES全体のバランスを取る

例えば、個人で行ったことばかりでチームで行ったことがまったく書かれていないと、「協調性がないのかな?」と疑われてしまいます。

部活の話題ばかりで勉強の話題が書かれていないと、「勉強はまったくしてこなかったのか?」「嫌いなことはやらないタイプなのか?」と疑われてしまいます。

成功体験ばかりで、失敗経験が書いてないと「リスクを取らない人なのか?」「挫折を経験したことがないのか?」と疑われてしまいます。

このように、エントリーシートに書くエピソードに偏りがあると、ネガティブな疑いを持たれます。

エピソードは偏らないように注意しましょう。

※ ES作成につまずいている方へ

ESの添削をしてもらえるサービスはこちら
キャリアチケット

内定者のESを閲覧できるサイトはこちら
就活ノート

これを読まずにESを作ってはいけない!ES作成に必読の一冊

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

ES(エントリーシート)の書き方
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました