スポンサーリンク

第1志望ではない企業で「うちは第1志望ですか?」と聞かれた時の答え方

面接
第1志望ではない企業で「うちは第1志望ですか?」と聞かれたら。

正解は、「御社が第1志望です」と答えることです。

たとえ第2志望であっても、第100志望であっても。

スポンサーリンク

「第1志望ですか?」と聞かれたら「第1志望」と即答する

企業は無数にあります。学生はたくさんの企業にエントリーします。

たままた面接にいった企業が第1志望である可能性なんてかなり低いわけです。業界1位の企業ならまだしも、業界2位、中小企業が第1志望であるはずないのです。

しかし、ここで正直に「御社は第10志望です」などと答えれば、不採用になります。

例えば、異性に告白する時に、「私はあなたのことが10番目に好きです。だから付き合ってください」なんてことを言えば、かなりの確率でフラられます。自分が1000年に1人に逸材であれば別ですが。

面接でも同じです。「御社は第10志望です」「御社は第2志望です」などという人を企業は採用することはありません。

かなり優秀な人材であれば採用してくれるかもしれませんが、一般的な学生であれば、間違いなく不採用です。

そのため、嘘でも「御社は第1志望です!」と答えるのが無難なのです。

理由は「社員が魅力的なので」と答えるのが無難

「御社は第1志望です!」と答えれば、当然その後に、「なぜうちが第1志望なのか?」を聞かれます。

その時は、「会った人で決めました」「社員さんが魅力的だったので」などと答えるのが無難です。

逆に、「大きい会社よりも、色々な仕事が経験できるとおもったので」といった回答はよくありません。企業規模に言及してしまうと、面接官は自社が中小企業呼ばわりされているようで良い気がしないからです。

またサービスや商品については、たいてい業界1位がもっとも優れているため、「商品が魅力的で……」などと答えるとこじつけ感がでてしまいます。

これらなら確実に納得してもらえるはず、という第1志望の理由が思いつかないのであれば、「社員さんが魅力的だったので」と答えるのが無難です。

その人のどこが魅力的なのか、も答えられるようにしておく

「社員さんが魅力的だったので」と答える場合は、会ったその人のどこが魅力的だったのか、どんな部分に惹かれたのもセットで答える必要があります。

例えば、

「説明会で話を聞かせてもらった時、仕事に向き合う姿勢が尊敬できました」
「OB訪問をした時、他社の方よりも親切で親身に対応してくれた」

など。

また、いろんな会社の社員を比較できるように、いろんな会社の説明会、面接に行っておくことも大切です。

他社の社員と比較して「社員さんが魅力的だったので」と答えることができれば、説得力が増します。

早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

質問と回答面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました