スポンサーリンク

第一志望は最初に受けるな!志望度の低い企業で練習面接をしてから

就活する男性
「第一志望の企業が初面接……」

そんな悲惨なことは極力避けるべきです。緊張してまともに話ができず不採用になるは目に見えています。

第一志望、そして志望度の高い企業を受ける前に、志望度の低い企業で面接練習をしておくべきです。

面接練習を重ねて、面接に慣れ、そして自分なりの成功法を蓄積してから第一志望に臨むべきです。

スポンサーリンク

一発目の面接でうまくしゃべれる人なんていない

最初の面接は誰でも緊張するものです。

逆に最初の面接に緊張しない人はよほどそういう場に慣れている人か、よほど何も考えていない人かです。

普通の学生であれば最初の面接では、緊張して用意してきた自己PRを言えなかったり、普通に会話することができなかったりすることすらあります。

そんな状態で面接を受けても、よほど運が良くない限り不採用になるだけです。ですから、最初に第一志望の企業を受けるのは極力避けるべきなのです。

第一志望の前に志望度の低い企業を受けておく

第一志望、志望度の高い企業を受ける前に、志望度の低い企業、もしくはあまり興味のない企業を受けるようにしましょう。

志望度の低い企業を利用して、面接練習をするのです。

面接練習をすることで

  • 面接雰囲気、社会人に慣れておく
  • 自分なりの成功法を身につけておく

ようにしましょう。

面接の雰囲気、社会人に慣れておく

面接には独特の雰囲気があります。単に聞かれた質問に答えればいいだけなのに、会社の偉い人を前にしてまともにしゃべれなくなったり、集団面接であれば周りの学生の調子を崩されたりすることがあります。

面接で自分を存分にアピールするには、そういった独特の雰囲気に慣れる必要があります。

最初は緊張しますが、3回、4回ほど経験すれば何ともなくなります。面接官は単なるおじさんであり、電車のなかで見かける普通の社会人と変わらないのだと感じられるようになります。

自分なりの成功法を身につけておく

就活解説本やネットの就活関連サイトでは、回答マニュアルや成功法が山ほど紹介されています。

しかし面接は人と人とのコミュニケーションであり、本や情報サイトで紹介されているマニュアルが必ず通用するとは限りません。

同じ企業でも面接官が違えば採用基準が変わる場合もあります。同じことをしゃべっても面接官によって評価が変わることが十分になります。

面接において誰にでも通用する正解というのは存在しません。そんな掴みどころのない面接を突破するためには自分なりの成功法を蓄積する必要があるのです。

どんな話をした時が、反応が良かったのか? 悪かったのか?
どんな質問を聞かれたのか?
どんな質問に答えられなかったのか?

これらのことを面接練習で確かめておくのです。その上で自分なりの成功法を蓄積し、第一志望の企業の面接に臨むようにしましょう。

このようにすれば第一志望の企業の面接で最大のパフォーマンスを発揮することができるはずです。

確実な面接対策をするならエージェントを使う

就職エージェントを利用する
「なかなか面接が通過しない」
「プロから面接のアドバイスをもらいたい」
「間違った面接対策は避けたい」

的確な面接対策をするなら就活エージェントを使うことをおすすめします。

例えば、就活エージェントである「キャリアチケット」ではプロのキャリアアドバイザーが面接のアドバイスをしてくれたり、志望動機や自己PRの作り方をアドバイスしてくれます。

また企業に推薦してもらえたり、ESの添削をしてくれたり、就活相談もできます。

最短2週間程度で内定をもらえるエージェントもあるので、ダラダラ就活を進めるぐらいなら手っ取り早くエージェントを頼るべきです。

※就活エージェントまとめ

ES添削、面接アドバイス、企業推薦などプロのサポートを無料で受けられる「就職エージェント」とは?
「就活を熟知したプロに相談したい」「プロからアドバイスをもらいたい」そんな就活生におすすめなのが「就職エージェント」と呼ばれる就活サービスです。たとえば、「」や「」が就職エージェントになります。就職エージェントとはいったい...
早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

面接対策
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました