スポンサーリンク

既卒とは? フリーターや第二新卒、就職留年との違いは? 既卒の就活を成功させる方法も解説

既卒とは
「既卒とはどんな人を指すのか?」「就職留年や第二新卒、フリーターとの違いは?」これらの疑問について、ここでは解説していきます。

また、既卒が就活を成功させる方法についても解説しているのでご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

既卒(きそつ)とは?

既卒とは? 3つの要素

明確な定義や法律上の定義などはありませんが、一般的に「大学・専門学校・短大を卒業しても就職先が決まっていない人」を既卒と呼びます。

「就職先が決まらないまま大学を卒業した」
「内定はもらったが就職したい企業ではなかったので就職せず、そのまま大学を卒業した」

上記のように、就職先が決まらないまま大学を卒業したい人を、一般的には既卒と読んでいます。

また既卒と呼べるのは大学卒業後、1年~3年以内であり、それ以降は単なる20代のフリーター(もしくはニート)と呼ぶことが多いようです。

前述の通り、明確な定義や法律上の定義などはありません。また企業からすれば、既卒もフリーターも、「正社員経験がない若者」という意味で同じです。

あまり既卒という分類にこだわる必要はないでしょう。

「就職浪人」と「既卒」は同じ

就職浪人の定義は、以下の通り。

卒業年度内に就職先が決まらず、卒業後に既卒者として就職活動を継続する人

※出典:コトバンク

つまり、就職浪人と既卒は同じ。呼び方が違うだけです。

就職留年と既卒の違いは?

就職留年と既卒の違い
「就職留年」は、就職のために大学を留年する人です。

既卒は大学を卒業していますが就職留年は大学を卒業しておらず、留年しています。

就職先が決まっていないという意味では同じですが、大学卒業しているか否かの違いあります。

就職留年はリスクが大きい

既卒も3年以内であれば、新卒枠を使って就活ができます。ただし既卒を受け付けていない企業もあるので、新卒と同じように就活できるわけではありません。

一方、就職留年の場合、新卒として、新卒と全く同じように就活ができます。どんな企業にも応募でき、採用の可能性があります。

しかし就職留年には、学費がもう1年分かかるという大きなデメリットがあります。

もちろん留年して高収入の企業に就職できるなら、1年分の学費など安いものでしょう。しかし留年したからといって良い企業に就職できるとは限りません。

また、気が緩んで就活に失敗してしまったり、また留年をしてしまうなどのリスクもあります。

就職留年のメリットとデメリット

既卒になったからといって就職できないわけではありませんので、就職留年には慎重になるべきです。

浪人・留年・就職浪人(既卒)は就活で不利になるのか?
大学入学で浪人している。 就職浪人・就職留年を考えている。 きになるのが「浪人、留年が就活で不利になるのか?」ということだと思います。 そこでここでは、以下の3つのケースについて、就職に影響があるのかを解説します。 ...

既卒と第二新卒の違いは?

既卒と第二新卒の違い
「既卒・第二新卒」といったようにセットで記載される場合もあるので、混同されやすいですが、第二新卒と既卒は別物です。

第二新卒は、大学・専門学校・短大卒業後、一度就職したが短期で退職した人。

一方既卒は、大学・専門学校・短大卒業後、一度も就職していない人。

第二新卒と既卒では、一度就職しているか、就職していないかの違いがあります。

その意味で第二新卒と既卒は若干意味が違います。

第二新卒と既卒は同じくくりで取り扱われる場合も

第二新卒と既卒は、厳密には違いがありますが、同じくくりで扱われる場合もあります。

たとえば、「第二新卒・既卒歓迎」といった求人があったり、「第二新卒・既卒専門の就職サービス」といったものが存在したり。たとえば、「 第二新卒エージェントNEO 」のような。

既卒と第二新卒は、一度就職したか否かの違いはあります。しかし「就業経験がほとんどない若者」といった見方をすれば、第二新卒も既卒もほとんど同じ。

そのため第二新卒と既卒の区別はせず、どちらの応募も受け付ける企業もたくさんあります。

既卒とフリーターの違いは?

既卒とフリーターの違い
既卒とフリーターに明確な違いはありません。

たとえばフリーターの定義は、「アルバイトをして働いている若者」ですが、大学卒業後、アルバイトをして働いているのであれば既卒ともいえます。

既卒ともフリーターともいるのですが、どちらも正解です。

既卒もフリーターも、「正社員として働いていない状態」という意味では同じ。

既卒と呼ぶか、フリーターと呼ぶかの違いでしかありません。

既卒は「フリーター歓迎」の求人にも応募できる

前述の通り、フリーターと既卒に違いはありません。

つまり、「フリーター歓迎求人」という求人は、既卒も応募できるのです。

何も「既卒歓迎」の求人を探す必要はありません。そう考えると、応募できる求人の幅が広がるのではないでしょうか。

既卒とニートの違いは?

既卒とニートに厳密な違いはありません。

ニートとは、15〜34歳までで、通学、仕事(アルバイト、派遣も含む)、家事をしていない人を指します。

たとえば、大学・短大・専門学校卒業後、就職しておらず、またアルバイトもしていない場合は、既卒ともニートとも呼べます。

既卒でもあり、ニートでもあるといえます。

そもそも既卒というのは定義が曖昧です。人によって捉え方が違う場合もあるので、分類にこだわる必要はないように思います。

既卒は、卒業後3年以内なら「新卒」として就活ができる

既卒は3年以内なら新卒枠で就活可能

厚生労働省は平成22年に青少年雇用機会確保指針を改正し、「大学卒業後3年以内は新卒として扱うこと」という通達を出しました。

※出典:https://re-katsu.jp/career/knowhow/khw_contents.aspx?c1=/kisotsu_3neninai

上記にように、大学卒業後3年以内であれば、既卒も新卒枠で就活できるようになっています。

ただしすべての企業が既卒の応募を受け付けているわけではありません。既卒を受け付けるかどうかは、企業の自由であり、「既卒不可」とする企業もあります。

新卒枠を狙って就活するのは厳しい

また、既卒の応募を受け付けていたとしても、既卒が採用されるケースは少ないようです。

既卒の応募を可としている企業の内、採用にまで至った企業は2015年時点で約5割となります。つまり、応募を受け付けていたとしても、採用するハードルは決して低くないことが分かるでしょう。

※出典:https://mynavi-job20s.jp/howto/kisotsu.html

上記は、少し古いデータではありますが、既卒の応募を受け付けた企業で、実際に既卒を採用した企業は5割程度だそうです。

また、既卒の応募を受け付けていたとしても、それは表面上であり、実際は既卒を採用する気がない企業も存在します。

既卒が、新卒枠を狙って就活するのは、まだまだ厳しいようです。

既卒が就活を成功させるには?

既卒の就活を成功させる方法
既卒が就活を成功させる最大のコツは、新卒枠を使って就活をするのではなく、既卒を欲しがっている企業を狙って就活をすることです。

既卒が新卒枠を使うのは間違い

前述の通り、既卒は3年以内であれば新卒枠で就活ができます。

しかし新卒枠とは、以下のような特徴がある戦場であり、既卒にとっては不利な場です。

  • 企業が求めているのは新卒(既卒は求めていない)
  • ライバルはほとんど新卒の大学生

このような戦場で、既卒が戦っても勝ち目はありません。このような場所で戦っていては、就職が厳しくなるのは当然です。戦う土俵が完全に間違っているのです。

もちろん「新卒採用でしか入社できない企業」「新卒用の就活サイトにしか掲載されていない企業」などを志望している場合は、新卒枠を使わざるを得ません。

しかしそういった理由がないのであれば、新卒枠を使うのは完全に間違っています。わざわざ不利な土俵で戦う必要はありません。

既卒を欲しがっている企業を狙う

既卒の就活を成功させたければ、既卒を欲しがっている企業を狙うようにしましょう。

「そんな企業が存在するのか?」と思うかもしれませんが、採用難の昨今、既卒を求める企業は増えています。

たとえば、

  • 新卒採用で十分な数の人員を採用できなかった企業
  • 即入社できる若者を採用したい企業(新卒は4月を待たなければいけない)

これらの企業が、既卒の採用に積極的になるケースが増えているのです。

新卒枠など狙わず、既卒を欲しがっている企業を狙えば、既卒の就活は難しくはありません。

既卒の就活を成功させるには?

既卒を欲しがっている企業は、既卒向けの就職サービスを利用すれば、簡単に見つけられます。

たとえば「 第二新卒エージェントNEO 」や「 JAIC(ジェイック) 」などは、既卒専門の就職サービスであり、紹介してもらえる企業は、すべて既卒を欲しがっている企業です。

このような就職サービスを使えば、既卒の就活は難しくはありません。

以下のページでは、既卒向け就職サービス(エージェント)について解説しているので、参考にしていただければと思います。

404 NOT FOUND | 新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
後悔ゼロの就活ノウハウを提供するサイト
早く就活を終わらせたいならコレ!内定率80%以上の【キャリアチケット】

【就活をすぐに終わらせたい人必見】履歴書を添削、模擬面接、 企業への推薦など、あらゆるサポートを無料で受けられる本当に頼れる就活支援サービス。

既卒の就活について
新卒就活が成功するサイト【就活攻略ネット】
タイトルとURLをコピーしました